iPhoneとAndroidスマホって結局何がどう違うの? どっちがお得なの?

現在、スマホは大きく分けてiOSを搭載する「iPhone」シリーズと、Android OSを採用する「Androidスマホ」の2種類が存在します。とりわけ日本ではiPhone人気が異常に高いのですが、そもそもiPhoneとAndroidは何がどのように違うのでしょうか? そこで今回は、意外と知られていないiPhoneとAndroidの違いを紹介しましょう。果たしてどっちのスマホがいいのでしょうか?

日本ではなぜかiPhoneのほうが大人気!

現在、スマートフォン(スマホ)はApple社のiOSを搭載する「iPhone」と、Google社が提供するAndroid OSを利用した「Androidスマホ」の2つに大別されます。

「statcounter」の調査によると、iPhoneの世界シェアは2022年6月時点でわずか27.2%、それに比べAndroidスマホは72.1%と圧倒的なシェアを誇っています。

でも、なぜか日本ではAndroidスマホのシェアは35.1%しかなく、iPhoneは実に64.56%を占めるという異常現象が起きています。

出典元:statcounter「Mobile Vendor Market Share Worldwide」は→こちら

世界的にAndroidのシェアが高い理由は、iPhoneより低価格で買えることが大きな要因です。発展途上国では10万円以上する高価なiPhoneはそう簡単には買えません。

逆に、日本でいまだにiPhoneの人気が高い理由のひとつには、やはりAppleブランドのiPhoneのほうが何となくスタイリッシュでカッコいいという認識があるからでしょう。

それに加え、日本の大手キャリアにとってはiPhoneが顧客獲得の戦略商品となっており、頻繁に一括0円や1円~10円で型落ちモデルのiPhoneが投げ売りされています。つまり、日本でもっとも安く買えるスマホは、実は型落ちや中古のiPhoneというのが実情なのです。

実はiPhoneは安価に買えるスマホの代名詞

日本では型落ちのiPhoneが1円や10円といった投げ売り価格で販売されることも多く、実はiPhoneは安価に買えるスマホの代名詞になっている。写真はイメージです(筆者撮影)

iPhoneのほうがAndroidより高性能という認識はもう古い!

今から10年ほど前、格安なAndroidスマホの性能は非常に低く、中華製の粗悪品も見受けられました。これに対し、iPhoneは高性能で信頼性が高かったのは事実です。

そのせいで、今でも海外製スマホは“安かろう悪かろう”といった認識がある人も多いのではないでしょうか?

しかし、現在では韓国のSAMSUNG(サムスン)や中国のOPPO(オッポ)、Xiaomi(シャオミ)、台湾のASUS(エイスース)といったメーカーであれば信頼性も非常に高く、安価なエントリーモデルだけでなく、iPhoneに勝るとも劣らない高性能モデルもたくさん販売されています。

実際、カメラやディスプレイなどの性能を比較してみれば、必ずしも“iPhoneのほうが高性能である”とは言えない状況です。

しかも、iPhoneはいまだに外部ストレージ(microSDカード)を利用できない仕様なので、動画や写真、音楽データを大量に保存するために、わざわざ割高な大容量ストレージモデルを購入しているユーザーも多いはずです。

これは、自由に安価なSDカードを追加できるAndroidスマホユーザーから見れば、非常にバカバカしいことです。

iPhoneのほうがAndroidより高性能という認識はもう古い1

iPhoneのエントリーモデル「iPhone SE 第3世代」の64GBは6万2,800円から、最高峰の「iPhone 13 Pro Max」は1TBモデルの場合、23万4,800円もする(写真はApple公式サイトより転載)

iPhoneのほうがAndroidより高性能という認識はもう古い2

「Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G」は120GHzの有機ディスプレイ(AMOLED)、1億800万画素カメラ、Felicaなどを備え4万1,500円(Amazon価格)という低価格。ストレージは128GBだが1TBまでのSDカードを追加できる(写真はAmazon公式サイトより転載)

iPhoneとAndroidスマホって結局何がどう違うの? どっちがお得なの?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiOSiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。