Twitter検索をモバイル/スマホ経由で行う簡単な方法 – 標準機能から外部検索サイトまで

「Twitterのアカウントを作るほどではない」けど、イベントやライブの混雑状況や、道路の交通情報などリアルタイムの情報をTwitterで検索したい!ということがあるでしょう。しかしTwitterは公式アプリ経由の利用は「アカウント作成」がマストで求められてしまうため「検索するためだけに、アカウントを作る」のは面倒くさいのもまた事実です。

Twitter検索をモバイル/スマホ経由で行う簡単な方法

iPhoneやAndroid向けのTwitterの公式アプリでは、利用時にアカウントの作成かログインを求められます。つまり、公式アプリはアカウントを作成せずに利用することができません

つまりアカウントを作らずにTwitterを検索する場合は、Google Chromeなど「ブラウザ」の利用が前提になります。

またTwitterの検索機能をブラウザ経由で使う場合は、以下の2通りの方法があります

・「Twitterの標準機能」をブラウザ経由で使う
・「Yahoo!リアルタイム検索」など外部サービスを使う

Twitter検索をモバイル/スマホ経由で行う簡単な方法

簡単な検索であれば、「twitter.com/explore」にアクセスするか、Yahoo!リアルタイム検索の利用がお手軽です

●twitter.com/explore→こちら

今回は標準機能から外部検索サイトまで、Twitter検索をモバイル/スマホ経由で行う簡単な方法を解説します!

【Twitter標準機能編】Twitter検索をモバイル/スマホ経由で行う簡単な方法

まず、Twitterに標準装備されている検索機能をモバイル/スマホ経由で使う方法を解説します。

ブラウザ経由でTwitterの検索画面に直接アクセス

Twitterの検索機能のみを「アカウント無し」で使いたい場合は、検索ページである 「twitter.com/explore 」へ直接アクセスするのがお手軽です。

ブラウザ経由でTwitterの検索画面に直接アクセス

「twitter.com/explore 」へアクセスするとTwitter検索画面が開きます。「キーワード検索」に調べたいワードを入力してツイートを探すことができます

道路の混雑状況などを簡単に調べたいだけであれば、検索窓に「〇〇高速 通行止め」「〇〇高速 事故」など入力し、検索すれば用が足りるでしょう。
詳しい方法はこちらの記事で解説しているので参考にしてください。

ブラウザ経由で「高度な検索」を利用する

ブラウザ経由で通常のキーワード検索よりも条件を絞った「高度な検索」を利用することもできます。Twitterの「高度な検索」ページは「https://twitter.com/search-advanced」 からアクセスできます。
全j筒のキーワード検索を使うとヒットする件数が多すぎて、特定のアカウントが発している情報や、特定の日付以降のものだけを検索したいときなどに利用するのがおすすめ。

ブラウザ経由で「高度な検索」を利用する

【左】検索エンジンから「Twitter 高度な検索」で検索するとトップに高度な検索のページが表示されます。【右】「高度な検索」の検索画面です。たとえば「東京観光のおすすめを調べたいけど、浅草は何度も行ったことあるから除きたいな」という場合は画像のように「東京 観光 おすすめ」というキーワードを含みつつ、「浅草」を除外して検索することができます

なお、「高度な検索」は公式アプリから表示することができないので、Twitterのアカウントをお持ちの方でもブラウザから表示する必要があります。

Twitter検索をモバイル/スマホ経由で行う簡単な方法 – 標準機能から外部検索サイトまでのページです。オトナライフは、【SNSTwitterTwitterの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。