スマホブラウザでPC版YouTubeを開く方法!チャンネル作成後の運用はPC版必須

YouTubeには「アプリ版」と「パソコン版」の2種類がありますが、スマホでYouTubeを見るときはアプリ版を使うのが一般的です。しかし、自身でYouTubeチャンネルを運用する場合は、アプリ版のYouTubeだと機能が限られているため、PC版のYouTubeが必須です。PC版のYouTubeは、スマホでもsafariやGoogle Chromeなどのブラウザからアクセスできます。

本記事ではスマホでPC版YouTubeを開く方法や、チャンネルを運用する方法を画像付きで解説します。

パソコン版のYouTubeでしか使えない機能とは?| チャンネルの運用はPC版がほぼ必須

パソコン版YouTubeとアプリ版のYouTubeの機能面での最大の違いは「チャンネル運用のための機能」の有無。パソコン版のYouTubeには、アプリ版にはない「チャンネル運用のための機能」がたくさんあります。

パソコン版のYouTubeでしか使えない機能とは?| チャンネルの運用はPC版がほぼ必須1

YouTubeチャンネルの作成は、下記の手順でスマホアプリ版からも行えます。【1】アプリ版YouTubeを起動して、画面右上の①「アカウントアイコン」をタップします。ログインしていない場合は、まずGoogleアカウントでログインしましょう。【2】メニュー一覧から②「チャンネル」をタップします

パソコン版のYouTubeでしか使えない機能とは?| チャンネルの運用はPC版がほぼ必須2

【3】チャンネル作成画面が表示されるので、①チャンネルのトップ画像とチャンネルの名前を設定し、②「チャンネルを作成」をタップします。【4】以上の手順で③のようにチャンネルが作成できます

実際のチャンネル運用は「YouTube Studio」で行いますが、アプリ版のYouTube Studioには最小限の機能しかなく、チャンネルの設定や収益化申請なども行えません。そのため、PC版のYouTube Studioでのチャンネル運用が必須です。

YouTube Studioはパソコン版YouTubeの方がより便利

チャンネル運用に使う「YouTube Studio」にはアプリ版とパソコン版がありますが、細かなチャンネル設定をするにはパソコン版の方が便利。YouTubeチャンネル運用に興味がある方なら、パソコン版必須と言えます。

ただし、スマホからアクセスしようとすると、アプリ版の方が開いてしまいます。そのためスマホでパソコン版を開くには、まずブラウザからこちらをタップするか、ブラウザのURLに「studio.youtube.com」と打ち込んだあと、お使いのブラウザがGoogle Chromeの場合、またはSafariの場合、それぞれ下記の手順で進めてください。

Chromeからパソコン版YouTube Studioを開く方法

【1】ブラウザがChromeの場合、①「YouTube Studio」にアクセスしたら、②右上の「︙」をタップします。【2】メニューが表示されるので、③「PC版サイト」をタップするとPC版YouTube Studioが開きます

Safariからパソコン版YouTube Stuidioを開く方法

【1】ブラウザがSafariの場合、①「YouTube Studio」にアクセスしたら、②左上の「ぁあ」をタップします。【2】メニューが表示されるので、③「デスクトップ用Webサイトを表示」をタップするとPC版YouTube Studioが開きます

【新機能】PC版YouTubeでは「リプレイ回数の表示機能」もスタート!

アプリ版とPC版のそのほかの機能の違いとしては、新機能の「リプレイ回数表示機能」に注目です。これは動画内のリプレイ回数がグラフで示され、最もホットな部分には「リプレイ回数が最も多い部分」と表示されるPC版のみの機能です。

【新機能】PC版YouTubeでは「リプレイ回数の表示機能」もスタート!

①のように、シークバーのすぐ上に「リプレイ回数」のグラフが表示されます。高く盛り上がっている箇所がリプレイされた回数が多い動画の箇所ということになります。②グラフが最も大きい場所、つまり動画内でユーザーがリプレイした場所には、「リプレイ回数が最も多い場所」として表示されます。本機能は2022年6月現在、PC版限定で提供されています

リプレイ回数の表示機能により、YouTube動画の「サビ」に相当する部分が特定できるようになります。ユーザーが見たいと思う場面、バズりやすいシーンの傾向などが分かり、動画の改善のために分析しがいがある機能です。

バックグラウンド再生やフローティングウィンドウも活用可能

YouTubeのバックグラウンド再生は、アプリ版のYouTubeでは行うことができず、有料版の「YouTube Premium」でできる機能です。しかし、ブラウザからパソコン版YouTubeを利用することで簡単にバックグラウンド再生を行うことができます

バックグラウンド再生にも活用可能

【左】なおiPhoneの場合は、まずバックグラウンドで流したいYouTube動画をブラウザで開きます。ホームへ戻ると音が止まってしまいますが、画面の右上隅から下にスワイプすると画像のような「コントロールセンター」が開き、ここで右上の再生ボタンを押すと、バッググラウンドでYouTube動画の音声を流せます。【右】Androidスマホの場合も、まずバッググラウンドで流したいYouTube動画をブラウザで開きます。ホームへ戻ると音が止まってしまいますが、マルチタスク画面を表示させ、YouTubeのアイコンをタップし、分割画面を選び、同時に使いたいアプリのアイコンをタップすればスマホの画面が二分割になり、YouTubeを再生しながら他のアプリを使用できます

また筆者がXiaomi Redmi 9Tで検証したところ、ブラウザ版YouTubeは端末のフローティングウィンドウ機能が利用可能。一方でアプリ版YouTubeは、フローティングウィンドウに非対応でした。

バックグラウンド再生にも活用可能

【左】ブラウザ版YouTubeを端末のフローティングウィンドウ機能で起動している様子。他のアプリも操作しながら、フローティングウィンドウでYouTube視聴ができるので便利。なお筆者は機能を利用できましたが、フローティングウィンドウは使用端末自体が非対応というケースも多いためご注意ください【右】一方で筆者が検証した限り、アプリ版のYouTubeはフローティングウィンドウに非対応。フローティングウィンドウで起動しようとすると「利用可能なアプリはありません」というエラーメッセージが表示されます

スマホブラウザでPC版YouTubeを開く方法!チャンネル作成後の運用はPC版必須のページです。オトナライフは、【動画・音楽Google ChromeSafariYouTubeYouTube PremiumYouTube StudioYouTubeの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。