NTTドコモが開始した「5G SA」って何? “真の5G”ってどういう意味?!

ドコモは5G対応料金プラン利用者に対し、2022年8月24日から真の5G通信サービスと言われるSA(スタンドアローン)方式「5G SA」の提供を開始しました。この5G SAは月額550円(税込)のオプションサービスですが、当面はキャンペーンとして無料で提供されます。それにしても、5G SAとはいったい何なのでしょうか? 従来の5Gとはいったい何がどう違うのか、初心者にも分かりやすく解説します。

ドコモの上下ギガ超え「5G SA」が8月24日からサービス開始!

ドコモは2022年8月24日から、下り最大4.9Gbps/上り最大1.1Gbpsの上下ギガ越えSA(スタンドアローン)方式を採用した真の5G通信サービスとなる「5G SA」の提供を開始しました。

利用できるのは、ドコモの5G対応料金プラン「5Gギガホ プレミア」「5Gギガライト」「5Gデータプラス」、「ahamo」「はじめてスマホプラン(5G)」「U15はじめてスマホプラン(5G)」の契約者となっており、ahamoでも利用可能なようです。

また、5G SAの利用には月額550円(税込)のオプションサービスへの申し込みが必要になりますが、当面の間はキャンペーンとして無料で利用できるとのこと。

5G SAが提供される場所も、当初は札幌駅、仙台駅、東京駅、名古屋駅、金沢駅、大阪駅、広島駅、高松駅、博多駅などに限定されます。

さらに、5G SAに対応するスマホは限られており、8月24日時点で利用できるのはAQUOS R7 SH-52Cのみ。8月末以降から利用可能となるのはGalaxy S22 SC-51CおよびGalaxy S22 Ultra SC-52Cで、Xperia 1 IV SO-51Cは9月以降となっています。

なお、最新の現行モデルでも5Gの「ミリ波」に対応するモデルがないiPhoneでは、残念ながら5G SAを利用することはできません。

■ドコモ「5G SA」の詳細

【サービス開始日】2022年8月24日
【理論速度】下り最大4.9Gbps/上り最大1.1Gbps
【料金】月額550円(税込)のオプション
※当面はキャンペーンで無料提供される
【利用可能なプラン】ドコモの5Gプラン5Gギガホ プレミア/5Gギガライト/5Gデータプラス、およびahamo/はじめてスマホプラン(5G)/U15はじめてスマホプラン(5G)
【申し込み方法】全国のドコモショップおよび量販店/ドコモオンラインショップ/ドコモオンライン手続き/ahamoオンライン手続き
【対応SIMカード】Ver.6以降の「ドコモUIMカード」(水色/緑色)かahamo用ドコモUIMカード(青色)
【当初のサービス提供場所】札幌駅/仙台駅/東京駅/名古屋駅/金沢駅/大阪駅/広島駅/高松駅/博多駅や大規模イベント会場など
【利用可能なスマホ】AQUOS R7 SH-52C(8月24日)/Galaxy S22 SC-51C・Galaxy S22 Ultra SC-52C(8月末以降)/Xperia 1 IV SO-51C(9月以降)
※一部機種はアップデートで対応可能

ドコモが今回提供を開始した5G SAでは、下り最大4.9Gbps、上り最大1.1Gbpsという上下ギガ超えを実現していると言いますが、そもそも5G SAとはいったい何なのでしょうか? どうして5G SAが“真の5G”なのか、このあとじっくり解説しましょう。

●ドコモ「スマートフォン対応「5G SA」を提供開始」→こちら

2022年8月23日、ドコモは上下ギガ越えの「5G SA」サービスを、8月24日より提供すると発表した(ドコモ公式サイトより転載)

5G SAの理論値は下り最大4.9Gbps/上り最大1.1Gbpsで、推定実測値は下り441Mbps~833Mbps/上り187Mbps~385Mbps程度になると見られている(画像はドコモ公式サイトより転載)

NTTドコモが開始した「5G SA」って何? “真の5G”ってどういう意味?!のページです。オトナライフは、【iPhone&Android5G5G SAドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。