Windows 11が重いときの原因は? 高速化する方法は?

Windows 11がリリースされてから、アップグレードしたという人もすでに多いだろう。しかし、Windows 11へアップグレードしてからパソコンが重くなった人はいないだろうか。そこで今回は、Windows 11が重いときの原因や高速化する方法について解説していく。

Windows 11が重いときの原因

Windows 11へアップグレードしてから、パソコンが重くなったという人は多いのではないだろうか。そこでここでは、Windows 11が重いときの原因について解説していく。

【パソコンが重くなる原因1】不要なファイルやアプリの増加

Windows 11が重いときの原因①は、不要なファイルやアプリの増加だ。使わないファイルやアプリによって、パソコンの空き容量が不足し容量を圧迫してしまうと、どうしてもパソコンが重くなってしまうのだ。

【パソコンが重くなる原因2】アプリやファイルを同時に複数可動させている

Windows 11が重いときの原因(Image:sdx15 / Shutterstock.com)

Windows 11が重いときの原因②は、アプリやファイルを同時に複数可動させていることだ。Windows 11では、セキュリティソフトなどパソコンの画面上で起動していなくても、バックグラウンドで起動しているアプリが複数ある。

そして、バックグラウンドで同時に複数起動している場合、パソコンのパフォーマンス力が低下してしまい、重くなってしまう原因になるのだ。

【パソコンが重くなる原因3】メモリやドライブの容量不足

Windows 11が重いときの原因③は、メモリやドライブの容量不足だ。メモリやドライブの容量が不足していると、パソコンが重くなってしまう。ゴミ箱に入っているファイルなどもパソコンの容量を圧迫するため、メモリやドライブの充分な容量を確保する必要がある。

【パソコンが重くなる原因4】メモリやCPUが足りない

Windows 11が重いときの原因④は、メモリやCPUが足りないことだ。Windows 11で快適にパソコンを利用するためには、メモリは4GB以上、CPUは1GHz以上/2コア以上の64ビットでないと、処理が追いつかないためパソコンが重くなってしまう。

【パソコンが重くなる原因5】CPUの温度が上がっている

【パソコンが重くなる原因5】CPUの温度が上がっている

Windows 11が重いときの原因⑤は、CPUの温度が上がっていることだ。パソコンを利用しているとどうしてもCPUの温度が上昇してしまう。しかし、あまり温度が上昇してしまうと、パフォーマンス力が低下してしまい、パソコンが重くなってしまう。

CPUの適正温度は、40℃から50℃程度とされており、上限80℃が限界だと言われている。そのため、なるべくCPUの温度が上昇しないように室温を管理する必要がある。

【パソコンが重くなる原因6】ウイルスやマルウェアに感染

Windows 11が重いときの原因⑥は、ウイルスやマルウェアに感染していることだ。パソコン自体がウイルスやマルウェアに感染していると、パソコンが重くなるだけではなく、個人情報が抜き取られたり、操作できなくなったりしてしまう。よって、Windows 11がウイルスやマルウェアに感染していないか確認する必要がある。

Windows 11が重いときの原因は? 高速化する方法は?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 11Windows 11の使い方アップグレードアップデートダウングレード】の最新ニュースをいち早くお届けします。