楽天モバのつながりにくさを解決? 携帯電話周波数の割当てを再要求

楽天モバイルが“悲願”達成にむけて強くアピールしている。その“悲願”とは、「プラチナバンドの獲得」に他ならない。現在はドコモ・au・ソフトバンクの既存3大キャリアが独占しているプラチナバンドを再割当てすべきだ、という主張は、かねて楽天モバイルが行っている。

はたして“悲願”は実現することになるのだろうか…?

楽天モバイル、プラチナバンドの割当てを再度要望

楽天モバイル、プラチナバンドの割当てを再度要望

楽天モバイルは再割当ての必要性を強く訴えた(画像は8月30日開催の懇談会の楽天モバイル資料から引用)

楽天モバイルは8月30日、総務省の開催した「携帯電話用周波数の再割当てに係る円滑な移行に関するタスクフォース(第10回)」の懇談会に参加した。同会では楽天モバイルをはじめとしたキャリア4社のほか、電波政策の有識者が集まり「携帯電話用周波数の再割当て」などについて議論を交わしている。

この場で楽天モバイルは、「つながりやすい」とされる700MHz~900MHz帯のいわゆるプラチナバンドの公正な割当てを求めている。現状では既存キャリア3社が独占し、楽天モバイルがプラチナバンドを利用できておらず不利を被っているとして、早急な再割当ての必要性をアピールした。

加えて、プラチナバンドを取得した後は、同帯域を使い「日本の再興に向けた将来のネットワーク環境及びカバレッジを作っていく」活用方針を表明。将来的には「世界トップレベルの通信環境」の構築を目指していくという。

さらに楽天モバイルは、他社に先駆けて取り組んでいる「スペースモバイル計画」にも言及。低軌道衛星を利用して宇宙から地上のユーザーに向けた電波を発信することで日本全土100%のエリアカバーを行い、災害時などにも強い通信環境の整備にもプラチナバンドの利活用を積極的に検討していくと説明し、あらためて再割当て実現への意欲を示した。

楽天モバのつながりにくさを解決? 携帯電話周波数の割当てを再要求のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidプラチナバンド楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。