未成年でも口座が開設できる「ネット銀行」は? 年齢や条件を調べてみた!

スマホで簡単に口座開設ができる「ネット銀行」。でも、未成年の場合はどうなのでしょうか? 実はネット銀行で口座を開設するときは、年齢制限があったり親の同意などが必要になる場合もあります。そこで今回は、主なネット銀行で、未成年が口座を開設するときの条件をまとめてみました。

そもそも0歳の赤ちゃんでも銀行口座って作れるの?

一部例外はありますが、基本的に大手銀行では戸籍さえあれば0歳から銀行口座を作ることができます。ただし、未成年(18歳未満)の場合は親権者(法定代理人)が窓口に出向いて手続きしないとダメな場合があります。

たとえば、マイナポイント第2弾で「公金受取口座の登録」をするときは、未成年の子どもでも本人名義の銀行口座が必要になりますが、共働きの家庭なら平日に銀行の窓口に行って子どもの銀行口座を開設するのは面倒でしょう。そのようなときに活用したいのが実店舗を持たない「ネット銀行」です。

ネット銀行なら24時間いつでもスマホから簡単に銀行口座を開設できるので、自宅にいながら親のスマホで子どもの銀行口座を作ることも可能となっています。ネット銀行のメリットやデメリットについてはこちらの記事を参考にしてください。

ただし、すべてのネット銀行でスマホから子どもの口座を作れるわけではありません。そこで今回は、ネット銀行で子どもの口座を作るときの条件を確認していきましょう。

ちなみに、最近は未成年でもスマホアプリで自分の口座を開設できる大手銀行も増えていますので、一度調べみてください。

三井住友銀行「【口座開設】子どもの口座を開設したい」は→こちら

三井住友銀行

大手銀行の三井住友銀行は未成年(18歳未満)の子どもでも、口座開設アプリから本人が手続きできるし、子どもがスマホ操作できないときは、窓口において親権者が代理で申し込むことができる(画像は三井住友銀行公式サイトより転載)

多くのネット銀行では15歳が分岐点になる!

ネット銀行では、意外にも口座の開設に年齢制限が設定されており、子どもの口座を開設できない場合があります。

たとえば、auじぶん銀行や住信SBIネット銀行、PayPay銀行は15歳未満の申し込みができません。しかし、15歳以上であれば親の同意なしで本人がスマホから口座開設の申し込みができます。

これに対し、15歳未満でも口座が開設できるネット銀行には、楽天銀行、セブン銀行、イオン銀行、ソニー銀行、あおぞら銀行BANK支店などがあります。

ただし、どのネット銀行も15歳未満は親権者の同意が必要になり、ネットからの申し込みができなかったり、親の同意書類と続柄を証明する書類(住民票など)を郵送する必要になるネット銀行もあるので、注意しましょう。

●auじぶん銀行「【口座開設】20歳未満でも口座開設はできますか?」は→こちら

auじぶん銀行

KDDIグループのネット銀行「auじぶん銀行」は、15歳未満は口座開設不可だ。ただし、15歳以上なら本人がオンラインで口座を開設できる(画像はauじぶん銀行公式サイトより転載)

●住信SBIネット銀行「〔口座開設〕 子供(未成年者)の口座は作れますか?」は→こちら

住信SBIネット銀行

「住信SBIネット銀行」は三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で設立したネット銀行。15歳以上なら口座を作れるが、15歳~17歳の場合はオンライン申し込み不可で、郵送による口座開設しか受け付けていない(画像はauじぶん銀行公式サイトより転載)

●PayPay銀行「【個人口座開設】未成年でも口座開設できますか。」は→こちら

PayPay銀行

「PayPay銀行」は、ソフトバンク・Yahoo!グループのネット銀行。15歳以上であればスマホから口座を開設が可能で、親権者の同意も不要である(画像はPayPay銀行公式サイトより転載)

未成年でも口座が開設できる「ネット銀行」は? 年齢や条件を調べてみた!のページです。オトナライフは、【マネーauじぶん銀行PayPay銀行あおぞら銀行BANK支店イオン銀行セブン銀行ソニー銀行ネット銀行三井住友銀行住信SBIネット銀行楽天銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。