iPhoneのカメラアプリで「セルフタイマー」を使って撮影する方法

常に進化し続けるiPhoneのiOS。アップデートによって新たな機能が追加されることも多いのですが、その一方で消えていく機能もあります。最近筆者が気になったのはカメラの「セルタイマー」です。iPhone XSまでは画面上部に表示された時計アイコンから簡単に利用できたのですが、iPhone 11には見当たりません。そこで今回は、iPhoneのカメラアプリのセルフタイマーの利用方法について説明しましょう。

iPhoneのカメラアプリのセルフタイマーはどこに行った!?

iPhoneのカメラは美しい写真が撮れることで定評がありますよね。筆者も愛用しているiPhone 11を使って、よくカメラで写真を撮っています。

しかし、先日久しぶりにセルタイマー機能を使おうとしたのですが、画面上にアイコンがなく、一瞬どうしていいか分かりませんでした。

iPhoneのiOSは常に進化しており、新機能が追加されて便利になることが多いのですが、密かに消えてしまう機能もあります。

実は、iPhone XSまでは、カメラアプリを開くと画面上部に時計アイコンが表示されており、それをタップすれば簡単にセルフタイマーの設定ができました。

ところが、iPhone 11にはそのセルタイマーのアイコンが消えてしまっているのです。いったいどうすればいいのでしょうか?

■iPhone Xで「セルフタイマー」を使う手順

iPhone Xで「セルフタイマー」を使う手順

こちらはiPhone Xのカメラアプリ。画面上部の時計アイコンがあり、これをタップすると(左写真)、「3秒」か「10秒」のセルタイマーが選択できた(右写真)

iPhone 11以降でセルフタイマーを使うには?

iPhone 11以降のカメラアプリに時計アイコンは表示されていませんが、セルフタイマー機能がなくなったわけではありません。

iPhone 11以降でセルフタイマーを使うときは、カメラアプリの上部にある「Λ」というマークをタップしてみましょう。すると、画面下部に機能メニューが表示されるので、そのなかに時計アイコンが隠されているのです。

時計アイコンを押すと、以前と同じように「3秒」か「10秒」のセルフタイマーを設定できますので、どちらかを選択すればOKです。

■iPhone 11以降で「セルフタイマー」を使う手順

iPhone 11以降で「セルフタイマー」を使う手順1

まずは、カメラアプリの画面上部にある「Λ」をタップ(左写真)。画面下部に機能メニューが表示されるので、時計のアイコンをタップする(右写真)

iPhone 11以降で「セルフタイマー」を使う手順2

「3秒」または「10秒」のタイマー時間を選べるのでどちらかをタップして、シャッターを押す(左写真)。すると、カウントが始まるのでそのまま待てばOKだ(右写真)

iPhoneのカメラアプリで「セルフタイマー」を使って撮影する方法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiPhoneカメラセルフタイマー】の最新ニュースをいち早くお届けします。