「povo2.0」を180日放置するとどうなる? 実は即利用停止や契約解除されない!

基本料0円で利用できるauの格安プラン「povo2.0」ですが、ずっと無料で利用できるわけではありません。180日以内に有料トッピングを購入するなどしないと、利用停止や契約解除されることになっています。とはいえ、実際には180日経過後に即利用停止や契約解除されるわけではないようです。そこで今回は、povo2.0を180日間有料トッピングを購入しないと、実際にどうなるのか解説しましょう。

povo2.0は基本料0円だけど、ずっと無料で維持できるわけじゃない!

auの「povo2.0」は基本料0円で利用できる携帯料金プランです。もちろん、電話をかければ22円/30秒、SMSの送信は3.3円/1通(70文字まで)の料金がかかります。

また、povo2.0は128Kbpsという低速でのネット通信は可能ですが、Webサイトを快適に閲覧するには、やはり有料のデータトッピングを購入しなければなりません。

povo2.0のデータトッピングには、24時間使い放題で330円、1GB(7日間)で390円、3GB(30日間)で990円、20GB(30日間)で2,700円といったプランがありますので、好みのものを選択できるのが便利ですね。povo2.0の申し込みに関しては、こちらの記事が参考になるでしょう。

●povo2.0→こちら

povo2.0は基本料0円だけど、ずっと無料で維持できるわけじゃない1

povo2.0は基本料0円で利用できるが、高速通信でネットに接続するには有料トッピングを購入することになる。180日間トッピングを購入しないと利用停止や契約解除することがあると記載がある(画像はpovo2.0公式サイトから転載)

povo2.0は基本料0円だけど、ずっと無料で維持できるわけじゃない2

povo2.0のデータトッピングには、24時間使い放題で330円、1GB(7日間)で390円、3GB(30日間)で990円、20GB(30日間)で2,700円といったプランがある(画像はpovo2.0公式サイトから転載)

基本料0円で利用できるpovo2.0ですが、180日間通話やSMSで660円(税込)以上利用するか、何かしらの有料トッピングを利用しないと利用停止や契約解除されてしまうと明記されています。

最近はひとつのスマホで2つの回線を利用する「デュアルSIM運用」も流行っているので、普段はpovo2.0をまったく利用しないで放置している人も多いことでしょう。その場合、180日を経過すると利用停止や契約解除されてしまうはずです。

ところが、実際にpovo2.0を180日間放置して料金を一切支払わなかったとしても、即日利用停止や契約解除になることはないようなのです。そこで今回は、実際にpovo2.0を180日以上放置するとどうなるのか解説しましょう。

「povo2.0」を180日放置するとどうなる? 実は即利用停止や契約解除されない!のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidaupovo2.0デュアルSIM】の最新ニュースをいち早くお届けします。