「ひろゆき」本人公認ジェネレーター、実際にやってみた! – 何を言わせてみる?

「ひろゆき」といえば、忖度しない鋭い物言いで相手を“論破”していく姿が若年層を中心に人気を博す論客だ。予想もつかない切り口の発言で、日々メディアを沸かせるひろゆきだが、そんなひろゆきを思い通りに喋らせることのできるツールが登場し、ネット上で大きな話題となっている。

今回は、実際に「おしゃべりひろゆきメーカー」をやってみて、その模様をレポートしていきたいと思う。

“論破王になんでも言わせられるジェネレーター”が誕生!

ひろゆき本人もひろゆきメーカーで遊んでいる

AI音声プラットフォーム「CoeFont」を提供する株式会社CoeFontは9月5日、ひろゆきのAI音声「CoeFont」の登録を記念して、ひろゆきのAI音声で原稿を読ませた動画を生成できるジェネレーターコンテンツ「おしゃべりひろゆきメーカー」を公開した。AI音声合成技術を用いて、ひろゆきの過去の音声データからAI音声化を実現させたという。

もちろんひろゆき本人も公認しており、ジェネレーターの公開にあたって「お手柔らかにお願いします。。(原文ママ)」とコメントを寄せている。

筆者も、実際にさわってみようとサイトを訪れると、謎のユルいイラストとともに「ひろゆきに適当な事を喋らせよう!」と、これまたユルく遊ぶことが推奨されていた。

あなたなら論破王に何を言わせてみる?

「おしゃべりひろゆきメーカー」

フキダシに喋らせたいフレーズを入力しよう(画像は「おしゃべりひろゆきメーカー」より引用)

サイトを開くと、ジェネレーターには、例文として「なんだろう、嘘つくのやめてもらっていいですか」と、過去にひろゆきの発した名言がプリセットされている。試しにこのフレーズで「動画を生成」してみると、若干の違和感はあるものの、AIとは思えないひろゆきボイスが作られた。また、過去の配信から持ってきたと思われるひろゆきの画像と合わせて、粗めのパラパラ漫画のような雰囲気の3秒間の動画として生成される。音だけでなく視覚的にもおもしろいジェネレーターだ。

実際に生成してみるとわかるのだが、テキストの中に「、」や「。」を入れると、ちゃんと“間”を作ってくれる点もすごいと感じた。文字を並べていくだけでは、切れ目なくひろゆきボイスが垂れ流されるだけなのだが、“間”を作って一文一文を区切って読ませると、途端に本当の朗読感が増しておもしろい。実際に長文を入れて試す人は、しっかり句読点を打った文章を使用してみていただきたい。

本物のひろゆきに代わって、何かを“論破”するもよし、現実ではお目にかかることがないであろう「白旗をあげて完全降伏するひろゆき」を作成して悦に浸るもよし。この手の音声ジェネレーターは遊び方が無限大だ。

バズりまくっている「#おしゃべりひろゆきメーカー」のハッシュタグをながめながら、本物のひろゆきよりも“ひろゆきらしい”フレーズを作り出すユーザーの登場を待ちたい。

引用元:おしゃべりひろゆきメーカー voiced by CoeFont→こちら

※サムネイル画像(Image:Alim Yakubov / Shutterstock.com)※画像は一部編集部で加工しています

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

「ひろゆき」本人公認ジェネレーター、実際にやってみた! – 何を言わせてみる?のページです。オトナライフは、【アプリCoeFontおしゃべりひろゆきメーカーひろゆき】の最新ニュースをいち早くお届けします。