ついに始まった最新Wi-Fi規格「Wi-Fi 6E」で何がどう変わる?

2022年9月2日より、日本でもWi-Fiの新規格「Wi-Fi 6E」がスタートしました。Wi-Fi 6Eは、従来のWi-Fi 6で利用されていた2.4GHz帯と5GHz帯に加え、新たに6GHz帯を利用できるのが特徴ですが、これによっていったい何が変わるのでしょうか? そこで今回は、最新のWi-Fi 6Eがどんな規格で、具体的に何がどう良くなるのか解説しましょう。

新たに始まったWi-Fi新規格「Wi-Fi 6E」って何?「Wi-Fi 6」とは何が違うの?

2022年9月2日、総務省令が改正され、ついに日本でも正式にWi-Fi新規格「Wi-Fi 6E」がスタートしました。

まず、「Wi-Fi 6E」の「6」は“第6世代のWi-Fi規格”という意味で、「E」は“Extend(拡張)”という意味になります。

すでに「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」では2.4GHz帯と5GHz帯を利用できる製品も発売されていますが、今回のWi-Fi 6Eでは新たに“6GHz帯”が追加(拡張)されることになったというわけです。

ちなみに、Wi-Fiは「IEEE 802.11」という国際規格に基づく無線LANに付けられたブランド名のことです。過去に11g、11n、11acといったさまざまな規格があり、現在も新旧さまざまな規格が混在しているため、非常に分かりにくくなっています。

世代 名称 規格名 周波数 最大速度
第1世代 1997年 IEEE 802.11 2.4GHz帯 2Mbps
第2世代 1999年 IEEE 802.11b 2.4GHz帯 11Mbps
IEEE 802.11a 5GHz帯 54Mbps
第3世代 2003年 IEEE 802.11g 2.4GHz帯 54Mbps
第4世代 2009年 Wi-Fi 4 IEEE 802.11n 2.4GHz帯/5GHz帯 600Mbps
第5世代 2013年 Wi-Fi 5 IEEE 802.11ac 5GHz帯 6.9Gbps
第6世代 2019年 Wi-Fi 6 IEEE 802.11ax 2.4GHz帯/5GHz帯 9.6Gbps
2022年 Wi-Fi 6E 2.4GHz帯/5GHz帯/6GHz帯

1997年の第1世代Wi-Fiは2.4GHz帯を使ったもので、最大速度はわずか2Mbpsだった。その後、5GHz帯を利用した「11a」や2.4GHz帯で54Mbpsを実現した「11g」が登場。Wi-Fiが一気に普及していく。2.4GHz帯と5GHz帯の両方を使う「11n」では速度も飛躍的に向上し、「Wi-Fi 4」という愛称も付けられることになった(表は編集部で独自に作成)

ついに始まった最新Wi-Fi規格「Wi-Fi 6E」で何がどう変わる?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWi-FiWi-Fi 6E】の最新ニュースをいち早くお届けします。