Wi-Fiのない自宅でパソコンをネットに接続する4つの方法

仕事やプライベート用にパソコンを買ったのはいいものの、自分の部屋に固定LAN回線(光回線)やWi-Fiがない場合もあります。もし、自宅やアパートに固定LAN回線を新たに引くとなると、工事費が数万円かかることもあるので、もう少し費用のかからない簡単な方法を知りたいでしょう。そこで今回は、自分の部屋に固定LAN回線やWi-Fiがないときに、どうやってパソコンをネットに接続すればいいか解説します。

スマホの「テザリング」機能を利用する

まず考えられるのは、スマホの「テザリング」機能を利用する方法です。テザリングとは、データ通信ができるスマホを「Wi-Fiルーター(親機)」のように使う方法です。

スマホはSIMカードで4Gや5Gのデータ通信ができますが、これを利用してWi-Fi電波を発信することができます。つまり、スマホとパソコンをWi-Fi接続することで、パソコンをネットに接続することが可能になるわけです。

もちろん、スマホをパソコンにUSBで接続したり、Bluetoothを利用することでもテザリングは可能となっています。具体的な設定方法はこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

スマホによるテザリングとは?

テザリングとは、スマホのデータ通信を利用してWi-Fi電波を発信し、Wi-Fiルーターの親機のように使うこと。パソコン側はWi-FiやBluetooth、あるいはスマホをUSBで接続することでネットに接続できるようになる(画像は筆者が作成)

もちろん、パソコンで大容量データをダウンロードしたり、動画サイトを大量に再生したりすれば、かなりスマホのデータ通信量を消費することになるほか、バッテリーも通常より多く消費します。テザリングは、あくまでも緊急時に利用するものと考えたほうがいいでしょう。

もし、頻繁にスマホのテザリングを利用したい場合、スマホのキャリアでは月額3,278円でデータ通信量を無制限で利用できる「楽天モバイル」がおすすめです。

ただし、無制限になるのは楽天モバイルの自社回線エリアだけで、パートナー回線(au回線)は月5GBまでなので、自宅が楽天回線のエリアかどうか事前に確認したほうがいいでしょう。なお、パートナー回線は2023年3月末に原則終了される予定になっています。

●楽天モバイル→こちら

スマホでテザリングを利用するなら楽天モバイルがオススメ

スマホでテザリングを利用するなら楽天モバイルがオススメ。20GBを超えると無制限利用できるが、料金は上限が月額3,278円となっているのでかなりお得だ(画像は楽天モバイル公式サイトより転載)

近所の公衆無線LANを利用する

スマホの契約が1GB〜3GB程度しかないのにテザリングを利用すると、すぐにデータ通信量の上限に達してしまいます。そのようなときは「公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)」を利用するのも手です。

必ずしも自宅で公衆無線LANが利用できるとは限りませんが、とりあえず、パソコンで公衆無線LANのWi-Fi電波が受信できないか確認してみましょう。

都市部の駅や空港、コンビニ、カフェ・レストラン、ホテル、ショッピングセンターなどに行けば、無料でWi-Fiに接続できる場所がたくさんありますので、一時的にネット接続したいだけなら、とりあえず近所のコンビニやカフェ、ショッピングセンターなどに駆け込んでみるのもアリでしょう。

公衆無線LANサービス

駅や空港、コンビニ、カフェ・レストラン、ショッピングセンターなどに行けば、無料で利用できる公衆無線LANサービスが意外とたくさん提供されている(写真は羽田空港のWi-Fi・筆者撮影)

公衆無線LANは、事前にメルアドで会員登録したり専用アプリを利用することで使用できるものが多いので、まずは自分が利用しているキャリアなどで使える無料サービスがないか調べてみましょう。

たとえば、ドコモはかつてドコモユーザー向けに公衆無線LANを提供していましたが、現在ではドコモユーザーでなくても、dポイントクラブ会員になれば「d Wi-Fi」を無料で利用することができます。詳しい利用方法はこちらの記事で解説しています。

ドコモのd Wi-Fi

意外と知られていないが、日本全国で利用できるドコモの「d Wi-Fi」は、dポイントクラブ会員になれば、ドコモのスマホを使っていなくても誰でも無料で利用できる(写真はdポイントクラブ公式サイトより転載)

なお、公衆無線LANのなかには、暗号化されておらずパスワード入力が不要なものが紛れ込んでいます。しかし、このような暗号化されていないWi-Fiは、不正アクセスされてしまう恐れがありますので、基本的に接続しないようにしましょう。

なかには、ハッキング目的で有名企業名を真似たWi-Fiの電波名(SSID)にして、個人情報を盗もうとする悪質なものもあります。

「モバイルWi-Fiルーター」を導入する

定期的にパソコンでネット接続したいときは、パソコン用に「モバイルWi-Fiルーター」を契約することも考えましょう。

モバイルWi-Fiルーターとは、バッテリーが搭載されている“小型で持ち歩けるWi-Fiルーター”のこと。本体にはスマホと同じようにSIMカードが入っていますので、Wi-Fi電波を発信でき、パソコンとWi-Fiで接続することが可能となります。

つまり、最初に紹介したスマホのWi-Fiテザリング専用の機器のようなものです。もちろん、モバイルWi-Fiルーターはバッテリーで動作しますので、旅行や出張先でも利用できるのが便利ですね。

「モバイルWi-Fiルーター」を導入する

モバイルWi-Fiルーターは、バッテリー搭載で持ち運び可能な小型のWi-Fiルーターだ。自宅だけでなく外出先でも利用できるのが便利(写真は楽天モバイル公式サイトより転載)

モバイルWi-Fiルーターを利用するには、本体の購入と月額利用料が必要になります。たとえば、楽天モバイルではモバイルWi-Fiルーターを提供しており、本体はキャンペーンにより実質0円。

月額利用プランは「Rakuten UN-LIMIT」を契約できるので、月3GBまでなら月額1,078円で維持でき、20GB以上は月額3,278で無制限に利用できます。

●楽天モバイル「Rakuten WiFi Pocket 2 本体価格実質0円キャンペーン」は→こちら

楽天モバイル「Rakuten WiFi Pocket 2 本体価格実質0円キャンペーン」

楽天モバイルが提供するモバイルWi-Fiルーター「Rakuten WiFi Pocket 2B/2C 」の月額プランは「Rakuten UN-LIMIT」を契約できるため、月3GBまでなら月額1,078円で維持できる(写真は楽天モバイル公式サイトより転載)

Wi-Fiのない自宅でパソコンをネットに接続する4つの方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスauWi-FiWi-Fiルーターソフトバンクテザリングドコモ楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。