iPhoneのコントロールセンターが表示されないときに試したい5つの解決方法

わざわざiPhoneのアプリや設定画面を開かずとも、一瞬でiPhoneの機能を切り替えられる便利な「コントロールセンター」。通常はiPhoneの画面をスワイプすることで表示されますが、コントロールセンターが表示されない場合もあります。そのようなときはいったいどうすればいいのでしょうか? そこで今回は、コントロールセンターが表示されない原因とその解決法を5つ紹介します。

iPhoneのコントロールセンターが表示されない原因は?

iPhoneでは、わざわざアプリや設定を開かなくても、「コントロールセンター」を利用することで、カメラを起動したりタイマーをかけたり、さまざな機能を簡単に設定できて便利ですよね。

ホームボタンがないiPhone 10以降では、画面上から下にスワイプ、ホームボタンのあるiPhone 8以前では画面を下から上にスワイプすれば、コントロールセンターが表示されるはずです。

しかし、何らかの原因で画面をスワイプしてもコントロールセンターが開かない場合もあるようです。そこで今回は、コントロールセンターが表示されない原因とその対処方法を5つ紹介します。

iPhoneのコントロールセンターが表示されない原因は?

ホームボタンがないiPhone 10以降の機種は、画面右上から下にスワイプすることでコントロールセンターを呼び出せる(左写真)。ホームボタンのあるiPhone 8以前の機種は画面を下から上にスワイプしよう(右写真)

【1】iPhoneの画面が汚れて反応が悪くなっている

iPhoneのコントロールセンターが表示されない原因は、画面に問題がありスワイプ操作しても上手くいかないことが考えられます。

まず、iPhoneの画面が汚れていたり水分があると、タッチパネル操作は上手くいきません。そのようなときは、iPhoneの画面をクリーニングクロスやメガネ拭きなどでキレイに拭いてみましょう。

また、保護フィルムを貼っていると画面とフィルムの間にわずかなすき間ができて、スワイプ操作が上手くいかないことがあります。とくに分厚いガラスフィルムを使っている人は、違うタイプのものに貼りかえることも検討しましょう。

なお、画面に問題がなくても、指に適度な水分がないとタッチパネルが反応しません。冬場に指がカサカサに乾燥しがちな人は、指を湿らせてみたり、速乾性のハンドクリームなどを塗ってから再度試してみましょう。

【1】iPhoneの画面が汚れて反応が悪くなっている

パッチパネル操作が上手く行かないときは、iPhoneの画面に汚れや水が付いている可能性が高い。定期的にクリーニングクロスやメガネ拭きなどで拭き取ろう(筆者撮影)

【2】iPhoneの画面に不具合がある可能性も!

iPhoneの画面を拭いたり保護フィルムを貼りかえても、コントロールパネルが上手く表示されない場合は、画面そのものに不具合がある可能性もあります。

iPhoneを落としたりしていなくても、パスコードやキーボードが表示されたとき、画面の同じ場所を何度も強く押していると、その部分だけが反応しなくなる場合があるのです。

このあと紹介する設定変更などをすべて試してもコントロールセンターが表示されないなら、iPhoneの画面を交換しなければ、直らないかもしれません。

まずは、AppleストアにiPhoneを持ち込んで相談してみましょう。もし、iPhoneの保証サービス「Apple Care+」に加入していれば、故障時でもかなり安く修理してもらえます。

もし、「Apple Care+」に未加入だったり保証期限が切れている場合は、アップルが公認している「Apple正規サービスプロバイダ」に行って相談してみるといいでしょう。

「Apple正規サービスプロバイダ」には「カメラのキタムラ」「ビックカメラ」「クイックガレージ」などがあります。

【2】iPhoneの画面に不具合がある可能性も!

iPhoneの画面を交換するとかなりの出費になるが、新品を買うことを考えればかなり安くつく。ちなみに、iPhone 13の場合Appleでの修理代金は4万2,800円だが、AppleCare+加入時は3,700円で済む

iPhoneのコントロールセンターが表示されないときに試したい5つの解決方法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiPhoneの使い方コントロールセンター】の最新ニュースをいち早くお届けします。