Zenly(ゼンリー)あらためて「サ終」報告をツイート。惜しむ声とさまざまな反応

9月に入って早々にサービス終了(サ終)を報告し大きな話題となっていた位置情報共有アプリ「zenly」。その後、サ終報告ツイートが削除されたことで「存続の可能性もあるのか?」とファンに期待を持たせていたものの、あらめて終了報告ツイートが発表されファンは落胆を隠しきれないようだ。

今回は、そのような騒動の顛末についてお伝えしていきたい。

zenly、サービス終了をあらためて発表

10万件の“いいね”は「今までありがとう」というユーザーの数だろうか

zenlyの公式Twitterアカウントzenly japan(@ZenlyJP)は9月14日、「zenlyをお使いの皆さまへ」からはじまる新たなツイートを投稿した。その内容は「zenlyがサービスを終了すること」、「終了の具体的な日程は未定だが『近い将来』であること」、「終了の日程は『必ず事前に案内する』という約束」といったものだった。

zenlyなどの位置情報共有アプリとは、その名の通り特定のメンバーの間でメンバーの位置情報を共有しあうアプリのこと。子ども用の見守りアプリなどとしても“市民権”を得ているジャンルのアプリだ。30代40代のサラリーマンには理解しがたいかもしれないが、近年は若年層の間で、お互いの現在位置を知ることができるアプリが流行しているのだ。

しかし9月1日、位置情報共有アプリの代表格でもあるzenlyのサ終が宣言され、ユーザーは大慌て。運営会社の経営悪化による事業整理の余波だったため、ネット上では「他企業がサービスを買い取って引き継いでほしい」といったユーザーの声も多く見られた。そのあたりの詳細は過去記事を参照いただきたい。

大人気アプリの終了がもたらす影響はどれほど?

zenly

Google Playでも1億回以上ダウンロードされている(画像はGoogle Playより引用)

9月1日に投稿された最初のサ終報告ツイートが削除され「終了撤回か?」「買い取る企業が出てきたか?」などの期待もふくらんだものの、14日に再度終了が告げられた格好だ。しかも1日の投稿では公式も「#サービス終了突zenly」といくぶん明るさも残る内容だったが、今回は「ビジネスメールか?」と思ってしまうような内容となっている。

この投稿は2022年9月16日時点で1.8万回以上リツイートされ、1,000件近くのリプライがつくなど多くの反応が集まっている。

「まだ47都道府県、回りきれていない…! あと一年ください」「有料にしていいから続けてください」といった存続を願う意見や「ツイ消ししたからワンチャンかと思ったけれど、やっぱりなくなるんかあ」など、ツイート削除で一瞬、期待したという声も寄せられた。中には俳優のつるの剛士も引用ツイートで「こんなに便利で使用頻度の高いアプリケーションが終了してしまうなんて。。つらたんすぎ(原文ママ)」と発言してサ終を悲しんだ。

一方で「さようなら喧嘩の元アプリ」「監視されている感半端なかったしプライベートもなかった記憶しかない」とお互いの位置情報を共有することで軋轢が生まれることを懸念していたユーザーも一定数見られた。

多くのファンを抱えていた人気アプリのzenlyが、終了を発表したことでこれだけのユーザーから反応が出てきているのだ。終了日の発表やサ終当日はどれだけの騒ぎになるのだろうか…。今後の動向にも注目していきたい。

引用元:【zenly japan(@ZenlyJP)】
引用元:【つるの剛士(@takeshi_tsuruno)さん】

※サムネイル画像(Image:Natee Meepian / Shutterstock.com)※画像は一部編集部で加工しています

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Zenly(ゼンリー)あらためて「サ終」報告をツイート。惜しむ声とさまざまな反応のページです。オトナライフは、【アプリZenly位置情報】の最新ニュースをいち早くお届けします。