iPhone14「いまは購入する気がない」は76%! その理由とは?【MMD研究所調べ】

9月16日についに発売となった「iPhone 14」シリーズ。表参道や丸の内にあるApple Storeでは、例年通り開店前から新型iPhoneを求めるiPhoneユーザーの行列ができたという。それだけ多くのファンで盛り上がっている……のかと思いきや、とある調査の結果から思っているほど盛り上がっていないらしい様子が明らかとなった。

今回は、iPhone 14シリーズの人気が伸び悩んでいる可能性と、その原因についてお伝えしていきたい。

iPhone 14シリーズ、すぐに手に入れたい層は多くないことが判明

iPhone 14シリーズの購入意向※OS別

「検討する」層は「すぐ買う」層の倍程度いるようだ(「MMD研究所」調べ)

MMD研究所は9月8日~10日にかけて、「iPhone 14シリーズに関する購入意向調査」のインターネット調査を実施。その結果を16日に公開した。この調査では15歳~69歳の男女7,251人に予備調査を行い、iPhone 14シリーズ購入意向者482人に対して上記のアンケートを実施している。

まず、予備調査となったiPhone 14シリーズの購入意向について、iPhoneユーザーでは「購入する予定」と回答したのが8.0%、「購入を検討している」は15.7%、「現在は購入する気がない」76.2%となった。一方、Androidスマホユーザーでは「購入予定」2.5%、「購入検討」5.4%、「購入する気なし」92.1%という結果に。やはり同じiPhoneを使用しているユーザーのほうが乗り換えの意向も高いようだ。

iPhone 13シリーズの購入意向※OS別

(「MMD研究所」調べ)

なお、2021年発売の「iPhone 13」シリーズ時の同調査と比較すると、「購入する予定」「購入を検討している」という購入意向は、iPhoneユーザーで9.9ポイント、Androidスマホユーザーで2.3ポイント減少しているという。“前年よりも購入したいと考えるユーザーが減った”ということは、「iPhone 14シリーズは13シリーズよりも人気が無い」と言わざるを得ない。

iPhoneといえばアップルブランドの代表格のアイテムで、ブランド人気にかげりはないはずだ。いったいなぜ、人気が落ちてきているのだろうか…?

iPhone14「いまは購入する気がない」は76%! その理由とは?【MMD研究所調べ】のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 14iPhoneの話題】の最新ニュースをいち早くお届けします。