【Windows 11】「右クリック」メニューを旧仕様に戻す方法!

Windows 11では右クリックメニューの表示が旧仕様から大きく変更されているが、旧仕様のほうが使いやすいという声も多い。この記事では、Windows 11の右クリックメニューを旧仕様に戻す方法や、常に旧仕様で表示する方法について解説する。

【Windows 11】旧仕様の「右クリック」メニューを表示する方法

Windows 11では右クリックメニューがWindows 10までの旧仕様から大きく変更されている。

【Windows 11】旧仕様の「右クリック」メニューを表示する方法

Windows 11の右クリックメニュー

「切り取り」「コピー」「貼り付け」「削除(ゴミ箱)」がアイコン表示となり、縦に長く表示されていたメニューがスッキリとしている。しかし、長年、Windowsの右クリックメニューに慣れ親しんできたユーザーには、Windows 11仕様の右クリックメニューには違和感しかないという方も多い。

そこで、この記事では、Windows 11で旧仕様の右クリックメニューを表示する方法を解説する。まずは、右クリックした時に旧仕様でメニューを表示する簡単な2つの方法をみていこう。

・右クリックメニューで「その他のオプションを表示」を選択

右クリックするとメニューに「その他のオプション」が表示される。「その他のオプション」をクリックすれば、旧仕様のメニューが表示される。

右クリックメニューで「その他のオプションを表示」を選択1

右クリックメニューで「その他のオプション」をクリックする

右クリックメニューで「その他のオプションを表示」を選択2

すると旧仕様の右クリックメニューが表示される

・右クリックするものを選択しショートカットキー/Shift + F10を入力

「その他のオプション」では右クリックから左クリックと2回のクリック作業が必要となる。ショートカットキーを使えば、一発で簡単に旧仕様の右クリックメニューが開く。ショートカットキーで右クリックメニューを開く方法は次のとおりである。右クリックメニューを開きたいファイルやフォルダ、アプリなどをまずは指定しよう。

右クリックするものを選択しショートカットキー/Shift + F10を入力1

旧仕様の右クリックメニューを開きたいものを指定したらショートカットキーの「Shift +F10」を押す

右クリックするものを選択しショートカットキー/Shift + F10を入力2

すると旧仕様の右クリックメニューが開く

【Windows 11】「右クリック」メニューを旧仕様に戻す方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 11Windows 11の使い方パソコン/スマホの設定方法右クリック】の最新ニュースをいち早くお届けします。