10月に「加熱式たばこ」増税、知ってる? 段階的増税は22年で終了【ネットエイジア調べ】

どんどん値上がりする「たばこ」の値段。20年前に比べて倍近い値段になっている銘柄もあり、愛煙家には厳しい世の中だ。2022年10月1日には「アイコス」「プルーム」「グロー」などの「加熱式たばこ」が増税される。実は2018年10月から段階的に課税方式の見直しが行われており、2022年10月の増税でそれが終了。今回は、普段から何気なく耳にしていた「たばこ税」についての認知度を深く掘り下げてみたい。

2022年10月に加熱式たばこが増税されることを知っている喫煙者は32.0%

今年の10月に“加熱式たばこ”が増税されることを知っていたか

このほかにもたばこ税の増税に関する調査で「知っている」と答えた人はいずれも少数派だった(「ネットエイジア株式会社」調べ)

ネットエイジア株式会社は、2022年8月に20歳~69歳の男女1,000名(喫煙者500名、非喫煙者500名)に対し行った「加熱式たばこに関する意識調査」の結果を公表した。「2022年10月に加熱式たばこが増税されることを知っていた」のは喫煙者の32.0%、非喫煙者の13.8%だった。2018年から加熱式たばこの増税は毎年行われているが、意外と認知度は低いという印象である。

毎年のことに世間が慣れてしまい、もうすでに気にしていないのかもしれない。実は加熱式たばこは「紙巻たばこ」よりもたばこ税の税率が低く、2017年時点では紙巻たばこの税額の1~8割程度(商品によって税率は異なる)だった。2022年9月の時点でも、加熱式たばこのほうが税額は低い。これについての認知度は、「知っている」と答えた喫煙者が28.8%、非喫煙者が12.8%とやはり少数派だ。

“紙巻たばこ”より“加熱式たばこ”のほうがたばこ税の税率が低いことを知っていたか

(「ネットエイジア株式会社」調べ)

10月に「加熱式たばこ」増税、知ってる? 段階的増税は22年で終了【ネットエイジア調べ】のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフタバコたばこ増税加熱式たばこ】の最新ニュースをいち早くお届けします。