【Windows 11】「Wi-Fi(無線LAN) 」を設定する方法を解説!

Windows 11のPCをWi-Fi(無線LAN)のアクセスポイントに接続させるにはどのように設定したらいいのだろうか。この記事では、Windows 11をWi-Fiに接続させる方法と、非表示に設定されているアクセスポイントへ接続する方法を解説する。

【Windows 11】「Wi-Fi(無線LAN) 」を設定する際に必要なもの

【Windows 11】「Wi-Fi(無線LAN) 」を設定する際に必要なもの(Image:sdx15 / Shutterstock.com)

Windows 11を利用する時にインターネット接続を有線LANではなく無線LANのWi-Fi接続にするユーザーも多い。Windows 11でのWi-Fi接続の設定はどのようにしたらいいのだろうか。この記事では、Windows 11をWi-Fiに接続するために事前に準備しておくべき必要なものと、Wi-Fi接続する方法について詳しく解説する。

・「ネットワーク名(SSID)」と「暗号化キー」

Windows 11のPCをWi-Fi接続の無線LANに接続するためには、「ネットワーク名(SSID)」とそのネットワーク名に対応する「暗号化キー(パスワード)」が必要である。

ネットワーク名(SSID)とは無線で飛び交っているWi-Fiの通信を識別するために付けられている名前のことである。英語では「Service Set IDentifier」となるために頭文字を取って「SSID」とも言われる。最大で32文字の英数字と記号を組み合わせた文字列で付けられている。

暗号化キーとはSSIDへの接続を暗号化するために設定されているパスワードである。SSIDと通信を暗号化するためのパスワードを組み合わせることで、他のユーザーがアクセスできないように設定することができる。

SSIDと暗号化キーはWi-Fiのアクセスポイントとなるルーターを確認すれば調べられる。Wi-Fiルーターの側面や底面に貼り付けられたシールに初期設定で設定されているSSIDとパスワードが記載されているはずだ。

Wi-Fiルーターによっては、購入後に自分でSSIDと暗号化キーを変更できるものもある。自分で変更できるWi-Fiルーターの場合には、変更方法や変更後のSSIDと暗号化キーの確認方法をWi-Fiルーターのマニュアルで確認してみよう。

【Windows 11】「Wi-Fi(無線LAN) 」を設定する方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWi-FiWindows 11Windows 11の使い方パソコン/スマホの設定方法無線LAN】の最新ニュースをいち早くお届けします。