【無料】Web版Officeの「Excel」を利用する方法 – 基本的な使い方も解説

ビジネスでは欠かせないアプリ「Microsoft Office」。なかでも表計算ができる「Excel」は見積りや請求書などの作成で利用する場面も多いことでしょう。でも、Officeは有料アプリで決して安くはありません。そこで注目したいのが、Webブラウザで利用できる無料のWeb版Officeです。これならExcelデータの閲覧や簡単な編集もできるのでオススメですよ!

Web版OfficeのExcelなら誰でも無料で利用できる!

Microsoft Officeはビジネスでは欠かせないアプリですが、「Word」「Excel」「PowerPoint」などが含まれた「Microsoft 365 Personal」は、月額1,284円、年額1万2,984円もします。

でも、なかには自宅のパソコンで「Excel」を少しだけ使いたいという人もいるでしょう。そのためだけに高価なMicrosoft 365 Personalを購入するのはもったいないですよね。

そのようなときは、Webブラウザで利用できる無料の「Office」を使うのがオススメです。

実は、MicrosoftではWeb版Officeを提供しており、 Microsoftアカウントでサインインするだけで誰でも無料で利用できるようになっています。

Web版OfficeでExcelを利用すれば、パソコンのWebブラウザからExcelデータを確認したり、機能は限定されますがデータの編集もできるので、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

●Microsoft「Microsoft 365 Personal」は→こちら

Microsoft「Microsoft 365 Personal」

「Word」「Excel」「PowerPoint」などが含まれる「Microsoft 365 Personal」は、月額1,284円、年額1万2,984円となかなか高価だ(画像はMicrosoft公式サイトより転載)

無料で利用できるWeb版のExcel

こちらは無料で利用できるWeb版OfficeのExcelで、「Edge」の拡張機能としても利用できる。Excelデータの閲覧はもちろん、簡単な編集も行えるのが便利

Web版OfficeでExcelを利用する方法は?

Web版OfficeのExcelを利用すれば、会社のパソコンで作成したExcelのデータを自宅のパソコンでも読み込めます。

つまり、Web版OfficeでExcelを利用すれば、いつでもどこでもExcelデータを閲覧したり編集することができるようになるのです。

Web版Officeを利用するには、まずMicrosoftアカウントでサインインする必要があります。Windowsパソコンを利用している人なら、すでに利用している人も多いでしょうが、まだの人は最初にMicrosoftアカウントを登録しましょう。

●Microsoft「Microsoftアカウントへようこそ」→こちら

Web版OfficeでExcelを利用する方法

Microsoftの公式サイト「Microsoftアカウントへようこそ」を開き「アカウントを作成」をクリック(左写真)。メルアドとパスワードを設定すればMicrosoftアカウントが作成できる(右写真)

Microsoftアカウントを作成したら、さっそくWeb版OfficeでExcelを利用してみましょう。実はWeb版Officeの起動方法はいくつかありますが、ここでは、もっともオーソドックスなChromeなどのWebブラウザで「Office.com」を開いて、Excelを利用する方法を紹介します。

なお、Web版Officeでは、Microsoftのクラウドサービス「OneDrive」にデータを保存するのが前提となっていることは覚えておきましょう。

●Microsoft「Office」→こちら

■WebブラウザのOffice.comからログインする手順

WebブラウザのOffice.comからログインする手順1

ChromeなどのWebブラウザで「Office.com」を開いたら、まずは「サインイン」をタップする

WebブラウザのOffice.comからログインする手順2

すると、サインイン画面が表示されるので、メルアドを入力して「次へ」を押す(上写真)。次にパスワードを入力して「サインイン」をクリックすればいい(下写真)

WebブラウザのOffice.comからログインする手順3

Web版Officeが開いたら画面左のバーで「Excel」をクリックしよう。ちなみに、Web版OfficeのデータはOneDriveに保存されており、ウインドウに表示されたOfficeデータを簡単に閲覧することができる

WebブラウザのOffice.comからログインする手順4

実際にWeb版OfficeでExcelデータを開いてみた。もちろん、ある程度の編集作業もできるほか、このExcelデータをほかの人と共有して作業することも可能となっている

【無料】Web版Officeの「Excel」を利用する方法 – 基本的な使い方も解説のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスExcelExcelの使い方MicrosoftMicrosoft 365Microsoft EdgeOffice】の最新ニュースをいち早くお届けします。