【iOS 16】iPhoneでメールの日時を指定して「あとで送信」する方法

2022年9月13日、最新のiOS 16ではさまざまな新機能が追加されましたが、なかでも注目したいのがメールの日時指定をして「あとで送信」する機能です。上手くつかえばきっと便利ですよね。そこで今回は、メールを「あとで送信」する方法と、指定した日時を変更したり未送信のメールを削除する方法を、写真付きで詳しく紹介します。

iOS16のメールを「あとで送信」する機能とは?

2022年9月13日にリリースされたiPhoneの最新iOS 16は、年に1度のメジャーアップデートなので、さまざまな新機能が追加されています。

なかでも、メールを送る日時を指定して「あとで送信」できる機能を使えば、深夜に思い出した重要なメールを会社の上司や取引先宛にそのまま送るのではなく、翌日の朝イチに送れるようになります。

ほかにも、忘れそうな用件を直前に自分宛に送信すれば、“リマンイダー”のように使うこともできるので意外と便利でしょう。

このあと、実際にiOS 16で追加された「あとで送信」機能の使い方を紹介しますので、是非活用してみてください。

iOS16のメールを「あとで送信」する機能とは?

最新のiOS 16ではさまざまな新機能が追加された。なかでもメールの日時を指定して「あとで送信」できる機能は便利そうだ

実際にメールの日時を指定してあとで送信する

iPhoneのメールを日時指定してあとで送るためには、まずiPhoneの「メール」アプリを起動し、新規でメールを作成しましょう。

次に画面右上の「↑」を長押しして表示される「あとで送信」をタップします。このとき「今夜00に送信」「明日00時に送信」なども表示されますので、状況によってはこれらを選んでもいいでしょう。

表示されたカレンダーで日付を選択したら、送信時間を指定して、画面右上の「完了」をタップすればOKです。

これで、指定した日時にメールが送信されますが、その時間帯に必ずiPhoneがネットに接続している必要がある点は注意しましょう。

■メールの日時を指定して「あとで送信」する手順

メールの日時を指定して「あとで送信」する手順1

まず、iPhoneの「メール」アプリをタップして起動する(左写真)。次の画面では右下のアイコンをタップして新規メールを作成する(右写真)

メールの日時を指定して「あとで送信」する手順2

メールを書いたら画面右上の「↑」を長押ししよう(左写真)。すると、メニューが表示されるので「あとで送信」をタップする(右写真)

メールの日時を指定して「あとで送信」する手順3

カレンダーで送信したい日付を選択する(左写真)。次に、時間を指定したら、画面右上の「完了」をタップしよう(右写真)。これで指定した日時にメールが送信される

【iOS 16】iPhoneでメールの日時を指定して「あとで送信」する方法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiOSiOS 16iPhoneiPhoneの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。