Windows 11「22H2」にアップデートできないときの対処法 – 手動アップデートする方法を解説

Windows 11 の最新バージョン「22H2」が、2022年9月21日にリリースされました。この22H2はメジャーアップデートで、不具合の解消やさまざまな新機能が搭載されているので、早く試してみたい人も多いでしょう。しかし、自分のパソコンにいつ22H2のアップデートが届くかは分かりません。そこで今回は、今すぐ「22H2」 に手動でアップデートする方法を紹介します。

Windows 11の最新版「22H2」が来ない! どうすればアップデートできる?

2022年9月21日、Windows 11 の不具合解消やさまざまな新機能が盛り込まれたメジャーアップデート「22H2」がリリースされました。

筆者もさっそく22H2にアップデートして新機能を試そうと思いましたが、なかなかWindows Updateに22H2が届きません。

しかも、その前段階のアップデートで「更新が失敗しました」と表示されて、「トラブルシューティング」を実行しても解決できず、「再試行」の無限ループ地獄に陥ってしまったのです。

そこで筆者は22H2のアップデートが届くのを待たず、Microsoftの公式サイトから直接「22H2」を入手し、手動でアップデートすることにしました。

というわけで、今回はWindows 11の最新版22H2にアップデートできないとき、自力で手動アップデートする方法を紹介します。

なお、筆者が使用したパソコンはWindows 10から11にアップデートしたMicrosoft「Surface Laptop GO」です。

■Windows 11のアップデートで「更新が失敗しました」と表示されたときの対処方法

Windows 11のアップデートで「更新が失敗しました」と表示されたときの対処方法1

「スタート(Win)」から「設定」を開き「Windows Update」を選択してアップデートを確認するが、9月27日段階では22H2が届いていなかった。とりあえず届いているアップデートをインストールするために「今すぐダウンロード」を押してみる

Windows 11のアップデートで「更新が失敗しました」と表示されたときの対処方法2

ところが「更新が失敗しました」と表示され、「再試行」を押すものの何も変化はなく、再試行のループ地獄に陥ってしまう。これは困った……

Windows 11のアップデートで「更新が失敗しました」と表示されたときの対処方法3

そのようなときはトラブルシューティングを試してみよう。「設定」の左側で「システム」を選び「トラブルシューティング」を選択(上写真)。次に「その他のトラブルシューティング ツール」を選択する(下写真)

Windows 11のアップデートで「更新が失敗しました」と表示されたときの対処方法4

「Windows Update」右側の「実行する」をタップすれば、問題が解決できるはずだ(上写真)。ところが、しばらくすると「問題を特定できませんでした」と表示されてしまい、結局、再試行ループ地獄から抜け出すことができない状態に……(下写真)

Windows 11「22H2」にアップデートできないときの対処法 – 手動アップデートする方法を解説のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネス22H2Windows 11Windows 11の使い方アップデート】の最新ニュースをいち早くお届けします。