【Mac】画面ロックをかけるには? ショートカット方法も解説!

カフェや図書館、またレストランといった場所でMacを開いて作業する場合、トイレなどで席を外さなければならないときに周囲の人にデスクトップ画面を見られないようにするため、画面ロックをかけたいと思うことはないだろうか。この記事ではMacで画面ロックを設定する方法を紹介する。

【Mac】画面ロックをかけるには?

【Mac】画面ロックをかけるには?

Windows搭載のPCでお馴染みの機能の中に画面ロックがある。第三者にデスクトップ画面を覗き見されないように、デスクトップ画面にロックをかけるのに利用する。PCを自分の部屋で使用し、誰も自分のMacにアクセスできない環境にあるなら特に設定の必要はない。

しかし家族や友人などがPCにアクセスできる環境の場合、画面ロックがかかっていないとデスクトップ画面の画像や、ブラウザで立ち上がっているWebページを簡単に見られてしまう。

画面ロックをかければ、人に見られたくない画像にアクセスしないようにできるので大変便利である。「Windows」キーと「L」キーを同時に押せば、画面ロックが設定できる。

Mac利用者も同様の問題に遭遇するかもしれない。自分の部屋に誰も入れない環境でMacを利用しているなら、画面ロックがかかっていなくても心配はないだろう。しかし家族や友人がMacにアクセスできる環境では状況は異なる。

Macの画面にロックがかかっていなければ、プライベートな画像を簡単に見られてしまう。会社の仕事で内密を守らなければならないファイルを開いて作業し、誰かに内容を見られてしまえば大変なことになる。

Macにはスクリーンセーバー機能があるので、第三者の覗き見をある程度防ぐことは可能だ。一定の期間デスクトップ画面で操作を行わないと、画面の焼け付きを避けるために、動く画面(スクリーンセーバー)が起動し、デスクトップの画面は表示されなくなる。

しかしスクリーンセーバー機能にはデメリットがある。誰かがマウスのカーソルを動かすとスクリーンセーバーが止まり、デスクトップ画面が表示されてしまうのだ。Macでも画面ロックの設定ができれば、プライバシーが保護でき、安心して作業が行えるというわけだ。

MacにはWindowsのような画面ロック機能が搭載されているのかどうかを知らない人もいるようだが、Macにも画面ロック機能が搭載されているので、設定さえすれば第三者の盗み見や不正アクセスを防げるのでぜひ試してもらいたい。

この記事ではMacで画面ロックを行う方法を説明するが、その前に覚えておいてほしい注意事項があるので紹介する。

・ノートPCでは画面を閉じても画面ロックされない

Macでの作業を自宅以外で行う場合、席を外している間に他の人がデスクトップ画面を見ないようにするため、普通はMacを閉じるのではないだろうか。

Macを閉じてすぐに開けばデスクトップ画面が立ち上がってしまうが、閉じた状態で数分経過すれば自動的にスリープ状態になるため、ログインしなければデスクトップ画面が表示されることはない。しかし問題は、仕事でデュアルモニターを使用している場合だ。

Macを閉じてスリープ状態にしていても、デスクトップ画面は外付けモニターに映し出されてしまうため、画面ロックをかけられないのである。そのためMac上で画面ロックをかけなければ、他の人にデスクトップ画面を見られるリスクは高くなるということだ。

デュアルモニターは仕事で使うことが多いため、守秘義務がある大切な会社の機密事項をデスクトップ画面に表示させて作業することもあるはずだ。Macはスリープ状態でも外付けモニターで展開しているファイルが表示されてしまえば、解雇の憂き目にあうだろう。

【Mac】画面ロックをかけるには? ショートカット方法も解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMacMacBookMacBook ProMacの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。