【iPhone】撮影した写真の位置情報を削除する方法 – そのままSNSに投稿は危険!?

iPhoneで写真を撮ると、写真に位置情報データが自動的に記録されるのはご存じでしょうか? そのままSNSにアップロードしてしまうと、個人情報が特定されてしまう可能性があって危険です。とくに理由がないなら、写真の位置情報は削除しておいたほうが安心でしょう。そこで今回は、iPhoneで撮影した写真の位置情報を消す方法と、位置情報を付けずに撮影する方法を紹介します。

iPhoneで撮影した写真の位置情報データを消すことはできる?

iPhoneで写真を撮ると、その場所の位置情報データが自動的に記録されます。たとえば、整理されていない写真のなかから、「京都に行ったときの写真を見返したい」と思ったときに、写真に位置情報が含まれていれば、探すのが容易になります。

しかし、SNSに写真をアップロードするときは注意が必要です。自宅や会社などで撮った写真にも位置情報は記録されているので、悪意のある人がその気になれば簡単にアナタのプライベート情報を入手できてしまう可能性もあります。

それを防ぐには、まず写真アプリで位置情報が記録されているかどうか確認しましょう。実は、iPhoneの写真アプリで写真を開くと、位置情報が含まれている写真であれば画面上部に撮影場所の情報が表示されます。

何も表示されなければ問題ありませんが、住所が表示されているなら、すぐに位置情報を削除してしまいましょう。

■写真から位置情報データを消す手順

写真から位置情報データを消す手順1

写真アプリで写真を開くと上部に住所が表示される。続いて画面を上にスワイプしてメニューを開こう(左写真)。すると、写真に含まれるカメラの撮影情報や地図が表示されるので「調整」をタップする(右写真)

写真から位置情報データを消す手順2

「位置情報なし」を選択すれば写真に含まれるデータが削除される(左写真)、写真に戻ると、位置情報が記録されていた部分が日付のみになっています(右写真)

ただし、写真に含まれる位置情報を消してしまうと、地名などによる検索ができなくなります。

もし、一度消した位置情報を再び記録し直したいときは、写真アプリで写真を開いて上にスワイプし、「位置情報を追加」をタップ。地名を入力して位置情報を指定しましょう。

■位置情報データを追加する手順

位置情報データを追加する手順

削除した位置情報を再び記録するときは、上スワイプでメニューを開き、「位置情報を追加」をタップする(左写真)。地名を入力して検索し、候補のなかから場所を選択すればいい(右写真)

位置情報を付けずにiPhoneで写真を撮る方法は?

iPhoneの写真の位置情報を削除する方法はお分かりいただけたと思いますが、SNSに写真をアップするたびにこの作業をするのは面倒ですよね。

そのようなときはiPhoneで写真撮影するとき、位置情報が自動記録されないように設定してしまいましょう。

その方法は簡単です。iPhoneの「設定」から「プライバシーとセキュリティ」→「位置情報サービス」→「カメラ」を開いて「位置情報の利用を許可」の「しない」にチェックを入れればOKです。

■iPhoneのカメラで位置情報を付けないようにする手順

iPhoneのカメラで位置情報を付けないようにする手順1

iPhoneの「設定」から「プライバシーとセキュリティ」を選択(左写真)。次の画面で「位置情報サービス」をタップする(右写真)

iPhoneのカメラで位置情報を付けないようにする手順2

「位置情報サービス」のなかから「カメラ」をタップ(左写真)。「位置情報の利用を許可」という項目で「しない」にチェックを入れればOKです(右写真)

まとめ

いかがでしたか? 写真に位置情報が記録されるのは、あとでアルバムを見返したときや写真を検索したいときには、非常に便利な機能です。

その一方で、写真から個人情報が洩れてしまうリスクもあります。SNSを利用するときは十分注意したほうがいいでしょう。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

【iPhone】撮影した写真の位置情報を削除する方法 – そのままSNSに投稿は危険!?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiPhoneカメラiPhoneの使い方SNS位置情報写真】の最新ニュースをいち早くお届けします。