【Mac】「Excel」を使う方法!無料と有料の違いも解説!

Macでも表計算ソフトはExcelを使うことがある。Excel(エクセル)を使う必要がある時には、有料版を購入する方法と無料版を使う方法がある。この記事では、MacでExcelを有料で使う方法と無料で使う方法、有料版と有料版の違いについて詳しくみていこう。

【Mac】「Excel」を有料で使う方法

(Image:IB Photography / Shutterstock.com)

業務を行う上で欠かすことができないのが表計算ソフトのExcelである。Excelは、Windowsを発売しているMicrosoftから出ている表計算ソフトだが、Macでもインストールして利用している人は多い。この記事では、MacでExcelを使う方法についてみていこう。

Macで使えるExcelには費用のかかる有料版と無料版がある。まずはMacで使える有料版の使い方について解説する。Macで使えるExcelの有料版には、買い切り型の永続版とサブスクリプション版がある。それぞれをMacで使う方法について詳しくみていこう。

・「Excel」の永続版/買い切り版を購入

Macで使える有料版のExcelには、買い切り型の永続版がある。買い切り型の永続版はパッケージ版かダウンロード版でライセンスを購入すれば、WindowsもしくはMacのPCに2台までインストールして使える。会社で使っているデスクトップPCと持ち歩き用のノートPCと2台のPCを使っていても、1つのライセンスで使える。

2台までといっても、PCを買い替えるときには古いPCからライセンスを消去すれば新しいPCへExcelのライセンスの移行が可能なので安心しよう。

Macでサブスクリプション型ではなく買い切り型の永続版Excelを使うメリットは、次の2つだ。

●一度購入してしまえばずっと使い続けることができる
●Excel単体での購入が可能

買い切り型の永続版Excelであれば、ライセンスを購入してしまえば、そのバージョンのExcelはいつまでも使い続けることができる。Microsoftでは、エクセルを含むOfficeソフトの買い切り版の新しいバージョンを発売したら、発売してから5年間のサポート期間を設定している。

発売直後に購入して購入金額を5年で割れば、明らかにサブスクリプション版の利用料金を月額もしくは年額で支払い続けるよりも安く使い続けることができる。

ただし、Microsoftでは2年から3年ごとに新しいエクセルを含むMicrosoft Officeの新しいバージョンを発売している。買い切り版ではセキュリティサポートは行われても、機能面でのバージョンアップは行われない。買い切り版のExcelが古くなってしまったら、新しいバージョンのExcelに搭載されている機能が使えなくなってしまう可能性はある。

もう一つのメリットは、買い切り型の永続版であればExcel単体での購入が可能であるという点だ。サブスクリプション版はMicrosoft 365というセットのみ契約可能だ。Excelのみをサブスクリプションで契約するというわけにはいかない。

しかし、WordやPowerPointは必要なく、Excelだけが必要だという人も多くいる。買い切り型の永続版であれば、Microsoft Officeとしてセットで購入することもできるし、Excel単体のみでの購入も可能だ。

ただし、Excel単体を買い切り型の永続版で購入する場合には、費用が多少割高になる点には注意しておこう。

・サブスクリション版の「Excel」を契約

サブスクリション版の「Excel」を契約

(画像は「Microsoft」公式サイトより引用)

Mac版のExcelには永続版の他にサブスクリプション版もある。サブスクリプションとは、月額払いや年払いで定額を支払い続けて、ソフトやコンテンツを利用する権利を購入するものである。

Excelを含むMicrosoft OfficeにはMicrosoft 365というサブスクリプション版がある。Microsoft 365を契約することで、MacでもExcelをいつでも利用可能になる。買い切り版にはないサブスクリプション版のExcelをMacで利用するメリットは次の2つである。

●常に最新版を使うことができる
●インストールできるデバイス数の上限がない

Microsoft 365のExcelは、バージョンが更新されるとすぐに最新版のバージョンが適用される。常に最新の機能を搭載したExcelをMacで使い続けることができる。

また、Microsoft 365にはインストールするデバイス数の制限がない。会社ではデスクトップPC、テレワーク用にノートPC、持ち運びにはスマホやタブレットと、複数のデバイスを必要に応じて使い分けている人も多い。

永続版Excelは2台のPCのみで、スマホやタブレットにはインストールできない。しかし、サブスクリプション版のExcelであれば、1つのアカウントを複数のデバイスに同期して利用できる。データは同じアカウントであれば同期されるので、作業中のファイルを他の端末で開くことも可能だ。

ただし、上限がないのはインストールできるデバイス数のみである。同時起動できるデバイスの台数は1度に5台までなので注意しよう。

・買い切り版とサブスクリプション版の費用相場などの違いを比較

有料版Excelを検討する場合、費用相場が気になるだろう。Macで使えるExcelの有料版である買い切り型の永続版とサブスクリプション版では費用相場はどのくらい違いがあるのだろうか。

永続版のExcel購入の費用は、Microsoftの公式サイトからの購入であれば、2022年9月現在税込み17,940円である。Amazonなどではもっと相場が安く、14,000円から16,000円くらいの相場で購入できるショップもある。AmazonなどのECショップでExcelのライセンスの相場を調べてから購入しよう。

Microsoft公式から永続版を購入した場合、2年間使用すれば1年あたりの費用相場は8,970円、3年間使用すれば1年あたりの費用相場は5,980円、4年間使用すれば1年あたりの費用相場は4,485円、5年間使用すれば1年あたりの費用相場は3,588円である。長く使えば使うほど、費用相場は安くなっていく。

一方のサブスクリプション版のMicrosoft 365を利用するのに必要な費用は、家庭向けで1ユーザーのみのプランが税込み年払いで12,984円、月額払いで1,284円である。こちらは、毎年もしくは毎月、同じ費用が課金され続ける。

Excelのみを数年間にわたって長く使い続けるつもりなら、Macでも使える買い切り版の費用相場のほうが安くてすむだろう。

【Mac】「Excel」を使う方法!無料と有料の違いも解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスExcelExcelの使い方MacMacBookMacBook ProMicrosoft 365Open Office】の最新ニュースをいち早くお届けします。