MP4動画を超簡単に無劣化でカット編集する方法 – 「LosslessCut」の使い方を解説

スマホで撮影する動画やYouTubeなど、最近パソコンで扱う動画のほとんどは「MP4」形式ですが、ムダに長いMP4動画の一部だけを切り出したり、余分な部分をカット編集したいときもあるでしょう。そのようなときは「LosslessCut」がオススメです。LosslessCutはMP4動画を再エンコードせず無劣化でカット編集できるアプリで、誰でも簡単に扱えます。そこで今回は、LosslessCutアプリの入手方法から編集方法まで、写真付きでじっくり解説します。

MP4動画をパソコンで編集すると出力に時間がかかるうえに画質が劣化する!?

かつて、パソコンで扱える動画にはAVI、FLV、MOV、3GPなど、さまざまな形式が混在していました。しかし、現在ではスマホで撮影する動画はもちろん、YouTubeなどの動画サイトで見られる動画も、大部分が「MP4」形式になっています。

MP4は高画質なのに容量が小さい非常に優れた動画形式ですが、フルHDで1時間を超えるような動画は、数GBもの容量になってしまうこともあります。これではパソコンのHDDの空き容量をどんどん圧迫していきますよね。

でも、実はMP4動画で保存しておきたいのはほんの数分だけ、あるいは数カ所をダイジェストにまとめて短くしたいときもあるのではないでしょうか?

もちろん、フリーの動画編集アプリを使ってMP4をカット編集すればいいのですが、多くのアプリはカット編集したあと出力時は再エンコードすることになります。

そのため、動画の出力に数時間かかるうえ、画質も劣化してしまいます。そのようなときはいったいどうすればいいのでしょうか?

MP4動画を超簡単に無劣化でカット編集する方法

今やスマホで撮影する動画やYouTubeなどのネット動画も、ほとんどが「MP4」形式を採用している。だが、無劣化で素早くMP4動画の一部分だけを切り出すには、どうすればいいのだろうか?

まずは「LosslessCut」アプリを入手しよう!

MP4動画を一般的な動画編集アプリでカットすると、出力時に再エンコードされてしまい非常に時間がかかるうえに、画質も劣化してしまいます。これは時間のムダですし、何もいいことがありません。

そこでおすすめしたいのが「LosslessCut」です。LosslessCutはMP4動画を簡単にカット編集できるプリーのアプリですが、再エンコードせず動画をカット編集するだけなので、出力時間が非常に短く画質の劣化もほとんどありません。

もちろん、LosslessCutはMP4動画の一部分だけを簡単に切り出すこともできますし、余計な部分を削除して数カ所を合体させて出力したり、MP4動画を2分割することも可能となっています。

まずは、公式サイトからLosslessCutを入手しましょう。ただし、ダウンロードしたファイルは「7-Zip」形式で圧縮されているので、うまく解凍できない人は「7-Zip」アプリを入手してから解凍するとよいでしょう。

●LosslessCut「LosslessCut-win-x64.7z」は→こちら
●7-Zip「ダウンロード」は→こちら

■LosslessCutの入手方法

LosslessCutの入手方法1

まずは公式サイトを開いて画面を下にスクロールする。Windowsパソコン(64bit)の場合は「Assets」のなかから「LosslessCut-win-x64.7z」を選択しよう

LosslessCutの入手方法2

Chromeの場合は画面左下に状況が表示されるので、ダウンロードが終わったら「フォルダを開く」をクリックし(上写真)、ダウンロードフォルダに「LosslessCut-win-x64.7z」があるのを確認する(下写真)

LosslessCutの入手方法3

LosslessCut-win-x64.7zを右クリックしたら「7-Zip」→「展開」をクリックして圧縮ファイルを解凍しよう

LosslessCutの入手方法4

7-Zipが表示されたら、展開先のフォルダ(デフォルトでは元ファイルと同じ場所)を確認して「OK」を押すと(上写真)、すぐに解凍されて「LosslessCut-win-x64」フォルダが作成される(下写真)

MP4動画を超簡単に無劣化でカット編集する方法 – 「LosslessCut」の使い方を解説のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAndroidiPhoneLosslessCutMP4YouTubeスマホ動画動画/音楽のダウンロード方法】の最新ニュースをいち早くお届けします。