YouTube動画の最適な画面サイズ(アスペクト比)と解像度 | 16:9の手軽な撮影方法も

スマホのカメラ性能が年々上がってきているので、気軽に撮影した動画をYouTubeに投稿するのも楽しいですよね。しかし撮影したのは良いものの、動画の「アスペクト比」や「解像度」で悩むこともあるのでは?

アスペクト比とは、画面の「横と縦の長さの比率」のこと。一般的によく使われるアスペクト比は「16:9」と「4:3」の2つです。

YouTube動画の最適な画面サイズ(アスペクト比)と解像度 | 16:9の手軽な撮影方法1

YouTubeの標準アスペクト比は、PC版とスマホ版どちらも16:9。動画のアスペクト比が異なる場合、視聴者のデバイスに合わせて自動的にプレーヤーのサイズが変更されます。なお全画面表示にする場合、画面の余った部分には「黒帯」が入ります

YouTube動画の最適な画面サイズ(アスペクト比)と解像度 | 16:9の手軽な撮影方法2

iPhone端末を縦画面にして【左】アスペクト比16:9と【右】アスペクト比4:3の動画を視聴したところ。横長の16:9に比べて、4:3の場合は全体的に拡大されたような感じで、画面が「正方形」に近い印象です

YouTube動画の最適な画面サイズ(アスペクト比)と解像度 | 16:9の手軽な撮影方法3

Android端末を縦画面にして【左】アスペクト比16:9と【右】アスペクト比4:3の動画を視聴したところ。やはり端末のアスペクト比に合わせて、動画サイズが自動的に変更されます。先ほどのiPhoneの場合と同じなので、アスペクト比の自動調整機能に端末の差はないと言えるでしょう

なお、正方形および縦長で60秒以内の動画は、自動的に「YouTubeショート動画」と判定されます。今回は以上の点を踏まえ、YouTube動画のアスペクト比と解像度について画像付きで解説します。

YouTube動画の基本的な画面サイズは「16:9」| 最適な解像度一覧

YouTube動画では、「16:9」が一般的な画面サイズ(アスペクト比)です。横長の16:9は「ワイド」、正方形に近い4:3は「スタンダード」とも呼ばれます。4:3はブラウン管テレビの時代は主流でしたが、現在では動画用途ではほとんど使われません。

YouTube動画を投稿するとき、アスペクト比と同じくらい重要なのが解像度です。16:9で撮影した動画は、以下いずれかの解像度でエンコードすれば問題ありません。

・7680p(8K): 7680×4320
・2160p(4K): 3840×2160
・1440p: 2560×1440
・1080p: 1920×1080
・720p: 1280×720
・480p: 854×480
・360p: 640×360
・240p: 426×240

ちなみに4Kなど1080pより大きな解像度は、スマートフォンで視聴する場合は「1080p」との違いがほとんど感じられません。そのためフルHD(1080p)であれば、「映画作品」などでない限り十分。YouTube動画を高画質でダウンロードする方法は、以下の記事で解説しているのでご参考ください。

YouTube動画の最適な画面サイズ(アスペクト比)と解像度 | 16:9の手軽な撮影方法ものページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeYouTube PremiumYouTubeの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。