「オンライン授業経験」の有無で子どものPC文字入力スキルに4倍以上の開き?

コロナ禍となり、商業分野でのキャッシュレス決済推進のほか、教育の分野においても学習のオンライン化が押し進められてきた。公立小中学校の学習用端末の普及率は、9割を超えているという過去の調査もあり、子どもたちにとっても学校から配布されたタブレットやパソコンでの学習が非常に身近になっていることだろう。

そのような状況を前提として今回ご紹介するのは、モバイル社会研究所による「子どもの文字入力スキルについて」のアンケート調査である。これは2021年11月、関東1都6県・小学生及び中学生の親を対象に実施されたもので、500名から回答を得ている。

子どもの入力スキルは、2020年から2021年でアップ!

子どもの入力スキル、2020年から2021年でアップ!

GIGAスクール構想についての閣議決定がなされたのは2019年12月13日だった(「モバイル社会研究所」調べ)

まず、はじめの質問は「パソコンでの文字入力スキル」について。保護者に対し、子どもがパソコンで10秒に5文字以上文字入力ができるかどうかを聞いた結果、2020年から2021年の1年間にそれぞれのグループで大幅なスキルアップが見られた。

「小学低学年」では2020年は4%だったところ、2021年には17%となり、13%アップした。「小学高学年」では26%から43%となり、小学低学年を上回る17%ものアップ。そして「中学生」では36%から49%となり、13%のアップと、いずれのグループでも1割以上がスキルアップしている結果となった。

2019年12月以降、政府主導で進められてきた児童生徒向けの1人1 台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備するという試みは、どうやら一定の成果を得ているようだ。

「オンライン授業経験」の有無で子どものPC文字入力スキルに4倍以上の開き?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフオンライン授業パソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。