Twitterがいきなり凍結された!? 復活までに12万かけた体験談が話題

大人から子どもまで、日々、幅広いユーザーがSNSを利用している。SNSを楽しむためには、自身でアカウントを取得することからすべてがはじまるのだが、長年、使っているアカウントには、誰しも愛着があるはずだ。もしも、自分のSNSアカウントがなんの前触れもなく、急に運営側から凍結されてしまった場合、一体どうすればいいのだろうか。
 
2022年10月6日に投稿された、gecko655@gecko655さん「はてなブログに投稿しました #はてなブログ Twitterを4カ月凍結されて、弁護士に依頼して凍結解除してもらった話 – gecko655のブログ」というツイートには、凍結された自身のツイッターアカウントを取り戻すまでの道のりを書いたブログが添えられていた。この投稿には、多くの「いいね」がついており、ツイッター上で話題となっている。

今回は、こちらのツイートに関する詳細を皆さんにご紹介したい。

アカウントが急に永久凍結!?

Twitterが突然、永久凍結

(画像は「gecko655のブログ」より引用)

投稿者のgecko655さんは、ある日突然、自分のツイッターアカウントを運営から凍結されてしまう。なお、ツイッターにおける凍結とは、特定のユーザーのアカウントを利用できなくすることで、通常であれば、いきなり凍結されることは非常に少ない。ほとんどの場合は、はじめに「警告」が行き、「本凍結」、「永久凍結」と段階を踏むようだ。しかし、gecko655さんの場合は、最後のツイートをした瞬間から、いきなり永久凍結されてしまったらしい。

Twitterが突然、永久凍結02

(画像は「gecko655のブログ」より引用)

ツイッター社によると、凍結の理由は「ツイッターのルールに違反していた」とのことだが、gecko655さんとしては身に覚えがなく、困惑している様子が見て取れる。ルールを違反しているとする可能性があるとすれば、最後にツイートした内容をAIが間違って解釈したのではないかと推測した。

自分のツイッターアカウントが、なんの前触れもなくこのような事態に陥ってしまった場合、解決の方法はあるのだろうか。

Twitterがいきなり凍結された!? 復活までに12万かけた体験談が話題のページです。オトナライフは、【SNSで話題TwitterTwitterで話題】の最新ニュースをいち早くお届けします。