【改悪】楽天カード(Mastercard)、Amazonでの還元率が1/5(0.2%)に大幅ダウン!

発行枚数2,500万枚を誇る絶好調の「楽天カード」ですが、2023年1月5日からは、Amazonでの買い物のポイント還元率が従来の1.0%から0.2%に引き下げられることになりました。これは「Mastercard」ブランドに限定されますが、従来の1/5となる厳しいものです。今回は、楽天カード(Mastercard)のポイント還元率の改悪と、その対処方法について詳しく解説します。

楽天カードのMastercardブランドはポイントが1/5に減少!

楽天経済圏の中心となるクレカ「楽天カード」。1人で2枚発行できるサービスを導入したことで、7カ月間で100万以上も発行し、2021年12月時点の発行枚数は2,500万枚を突破するなど絶好調です。

楽天カード(Image:rakuten-card.co.jp)

2021年12月時点で2,500万枚を突破した楽天カード。1人で2枚のカードを持つことも可能となっており、ますます発行枚数を増やしている(画像は楽天カード公式カードより転載)

●楽天カードは→こちら

そのような楽天カードですが、2022年10月14日、突然Amazonでの買い物において楽天カードの「Mastercardブランド」については、ポイント還元率を0.2%に変更すると発表しました。

現在、楽天カードのポイント還元率は1.0%(100円につき1pt)ですが、2023年1月5日以降は0.2%(500円につき1pt)に改悪されます。

なお、VISA、JCB、American Expressブランドの楽天カード利用時のポイント還元率には変更ありません。

●楽天カード「楽天カード(Mastercard)ご利用時の一部ポイント進呈条件の変更について」は→こちら

楽天カード(Mastercard)ご利用時の一部ポイント進呈条件の変更について(Image:rakuten-card.co.jp)

2023年1月5日以降、Mastercardブランドの楽天カードを使ってAmazonで買い物をすると、0.2%しかポイント還元されないことに……(画像は楽天カード公式カードより転載)

楽天カードのポイント還元率引き下げにどう対処すればいい?

突然発表された楽天カードのポイント還元率引き下げですが、Amazonで楽天カードのMastercardブランドを利用している人はどうすればいいのでしょうか?

もちろん、Amazonでは他社のクレカを利用することもできますが、楽天経済圏にどっぷり浸かっている人は、Amazonでも楽天カードを利用して楽天ポイントを獲得したいはずです。

そのようなときは、別ブランドの楽天カードを追加すればOKでしょう。

すでに紹介しましたが、楽天カードは1人で2枚発行できます。もし、Mastercardブランドしか持っていないなら、VISAやJCB、American Expressいずれかのブランドの楽天カードを追加発行すればいいのです。

今なら、2枚目の楽天カード申込&使用で2,000ptももらえますので、早めに準備しておきましょう。

●楽天カード「2枚目の楽天カードを作成&利用でポイント」は→こちら

楽天カード「2枚目の楽天カードを作成&利用でポイント」(Image:rakuten-card.co.jp)

2枚目の楽天カードを申し込んで利用すると、もれなく2,000ptが進呈される(2022年10月28日まで)(画像は楽天カード公式カードより転載)

藤原博文
編集・ライター。長年、パソコンやスマホ、サブカル関連雑誌の編集部を渡り歩いてきた編集者。個人的に株式、投資信託、FXなどの投資活動を活発に行っているほか、クレカや電子マネー、スマホ決済アプリなどのポイ活にものめり込み、最近はマネー系の記事も数多く手掛ける。

【改悪】楽天カード(Mastercard)、Amazonでの還元率が1/5(0.2%)に大幅ダウン!のページです。オトナライフは、【マネーAmazonMastercard楽天楽天カード】の最新ニュースをいち早くお届けします。