【Mac】ログインパスワードを忘れたときの対処法!

MacはWindowsと同じように、ホーム画面を立ち上げるためにはログインパスワードを入力する必要があるが、ログインパスワードを忘れてしまいロック解除できず、冷や汗をかいた経験はないだろうか。Macでログインパスワードを忘れたときの対処法を紹介する。

【Mac】ログインパスワードを忘れたときにまず試してみること

iPhoneやiPadを操作した経験があるならよくご存じのはずだが、電源ボタンを押してデバイスの電源を入れると、ロック画面がまず立ち上がるはずである。ロック解除してホーム画面を立ち上げるには、6桁のパスコードを入力する必要がある。

パスコードを6回連続で間違えると1分間ロックされ、その後さらに間違えると5分間ロックされ、もう一度間違えると15分間ロックされる。さらにもう一度間違えると60分間ロックされ、その次に間違えるとロック解除ができなくなってしまう。

iPhoneやiPadのパスコード誤入力の怖さを知っているため、Macのログインパスワードも誤入力したりパスワードを忘れて正しく入力できなかったりすると、Macをロック解除できなくなると考えている人は意外に多いようだ。

ロック解除ができなくなれば、Macに保存されている大切なデータを取り出せなくなってしまう。Macのパスコードを紙に書いて保存している人はほとんどいないため、忘れたパスワードを見つけるのはほぼ不可能のように感じられるはずだ。

MacはiPhoneやiPadとは異なり、ログインパスワードを忘れてしまっても比較的簡単に対処できるので、心配する必要はまったくない。この記事では、Macのログインパスワードを忘れた場合の対処法について紹介する。

・returnキーを押してヒントを表示

Macのログインパスワードを忘れてしまった場合、忘れたログインパスワードを見つけるために行ってほしいことが2つある。その1つがログインパスワードの設定の際に設定したヒントを表示させることだ。

ヒントとは、ログインパスワードを忘れてしまったときのために、設定したログインパスワードが何に関係したものかを表示させる機能のことである。

Macのログインパスワードは6桁の数字で構成され、誕生日や記念日などに関連付けられているケースが多い。ヒント機能でこうした関連ワードを設定して表示できるようにすれば、ログインパスワードを忘れても思い出す助けになる。

Macはログイン画面で「return」キー、つまり「Enter」キーを押すとヒントが表示されるように設定されているので、ログインパスワードを忘れた場合はぜひ試してほしい。

もし「return」キーを押してもヒントが表示されず、ロック解除できてしまうなら、ログインパスワードは設定されていないことを意味するので、パスワードを設定するようにしよう。

ログインパスワードを設定しないと第三者は簡単にホーム画面にアクセスして個人情報を閲覧できてしまい、セキュリティ上、非常に危険なので、パスワードの設定は必ず行うようにしよう。

・Apple IDのパスワードを入力してみる

Macのログインパスワードを忘れてしまった場合に、忘れたログインパスワードを見つけるために行ってほしいことがもう1つある。ログインパスワードの入力欄にApple IDのパスワードを入力してみることだ。

Macユーザーの中には、混乱を招かないようにログインパスワードとApple IDのパスワードを同じにしている人が意外にいるようだ。もしかしたら読者の中にも、ログインパスワードをApple IDのパスワードに設定している人がいるかもしれない。

ログインパスワードのリセットを行う前に、Apple IDのパスワードを入力してロック解除できないかどうかを試してみよう。

【Mac】ログインパスワードを忘れたときの対処法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMacMacBookMacBook ProMacの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。