iPhoneからMacを遠隔操作する方法 – 注意点なども解説

外出先から自宅または仕事のオフィスにあるMacを遠隔操作できたら便利だと感じることはないだろうか。特に会社から緊急な要請があり、ファイルを編集して提出しなければならない場合にはそう感じるはずである。この記事でMacをiPhoneで遠隔操作する方法を紹介する。

【Mac】iPhoneで遠隔操作するには?

最も多く利用されているMacは、MacBook Airなどのノートパソコンではないだろうか。MacBookはコンパクトなトートパソコンなので、24インチiMacのようなデスクトップPCとは違い、手軽に持ち運びができるというメリットがある。

しかし外出時にMacBookをいつも持ち運ぶことはないだろう。MacBookにしても24インチiMacにしても、iPhoneと連動させiPhoneを使って遠隔操作できれば大変便利だと感じるシーンは多くあるのではないだろうか。

仕事でMacを使っているなら、休暇で外出先に滞在中、自宅や会社のオフィスにあるMacに遠方からアクセスして操作し、顧客や取引先からの緊急な要望に迅速に対応しなければならない場合がある。

MacはiPhoneと同様に、インターネットクラウドであるiCloudにデータをアップロードして他のAppleデバイスと共有できるため、iCloudにアップロードされているファイルであれば、iPhoneで編集しMacに編集内容を反映させることができる。

Macと同じ操作環境や表示スタイルをiPhoneに求めるのは無理な話だが、iPhoneでMacを遠隔操作できるなら、Macを持ち運ぶ手間がなくなる。問題はiPhoneでMacの遠隔操作ができるかどうかであるが、アプリを使えば遠隔操作は可能だ。

この記事ではMacをiPhoneで遠隔操作できる、おすすめのアプリと操作方法を紹介したい。

・Chrome Remote Desktopなどのリモートコントロールソフトを使用

MacをiPhoneで遠隔操作するためのアプリはたくさんあるが、この記事では「Chrome Remote Desktop」を紹介する。

「Chrome Remote Desktop」とはGoogleが開発したアプリで、自宅や会社のPCへのリモートアクセスや、他のユーザーとの画面共有によるリアルタイムでの共同作業を行うためのものだ。

「Chrome Remote Desktop」は高速かつシンプルで使いやすく、WebRTCなどの最新オープン ウェブ テクノロジーを使用した、セキュリティ対策万全のアプリなので誰でも安心して利用できる。

iPhoneからMacを遠隔操作する方法 – 注意点なども解説のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスiPhoneiPhoneの使い方MacMacBookMacBook ProMacの使い方遠隔操作】の最新ニュースをいち早くお届けします。