もう後悔しない!「LINE」の誤爆を防ぐ8つの予防法

「LINE(ライン)」のメッセージを誤って上司に送ったり、パートナー宛のラブラブメッセージを会社の同僚に送ってしまった! そんなLINEの“誤爆”をやってしまった人も多いのではないでしょうか? でも、LINEの誤爆はちょっとした予防法で防ぐことができます。そこで今回は、LINEの誤爆を予防する8つの方法を紹介します。

事前に設定すればLINEの“誤爆”は未然に防げる!

今や国民的SNSとなった「LINE(ライン)」。プライベートだけでなく仕事関係でも使っている人は多いでしょう。

いつでも文字やスタンプでメッセージのやり取りができるLINEは非常に便利ですが、その気軽さゆえに、つい”誤爆”してしまうケースも少なくありません。

もちろん、「失礼しました」や「ゴメン、間違えた!」で済めばよいですが、時として取り返しのつかない事態に陥ることも……。

そうなる前に、LINEの誤爆を防ぐ対応をしっかりやっておきましょう。実は、LINEの設定を駆使すれば誤爆をある程度は防ぐことができるんです。

というわけで、今回はiPhoneを使ったLINEの誤爆を防ぐ方法を8つ紹介しましょう。

LINEの誤爆を防ぐ8つの方法

誰もが毎日使っているであろう「LINE」。気軽に連絡できるからこそ、メッセージの誤爆だけは避けたいものだ……

【1】メッセージを送ったらトーク画面を閉じる癖をつける

アナタはLINEのメッセージ送信後、トーク画面(トークルーム)を毎回閉じていますか?

LINEは、登録している友だちごとにトークルームが分かれているため、たとえばAさんとのやり取り終了後、Bさんにメッセージを送るときは、Aさんとのトークルームを閉じる必要があります。

LINEを使っている人なら当たり前ですが、慌てていたり寝ぼけていたりすると、Aさんのトークルームが開いているのに、Bさんのトークルームだと勘違いして、Aさんに誤爆するというパターンが意外と多いようです。

したがって、LINE送信後はトークルームを一旦閉じて、トーク一覧画面に戻るクセをつけるようにしましょう。

最初は面倒かもしれませんが、このような地味な作業を心掛けることで誤爆の確率はグッっと減少するはずです。

【1】メッセージを送ったらトーク画面を閉じる癖をつける

自分がLINEを送ったら画面左上の矢印アイコンをタップ(左写真)。トーク一覧画面に戻る(右写真)。この手順を毎回行うように心掛ければ、誤爆の確率を下げられる

【2】誤爆するとマズい相手のトークを非表示にする

LINEの誤爆でもっともダメージが大きいのが、会社の上司や取引先宛のメッセージでしょう。場合によっては自身の進退に発展するかもしれませんよね。

そのような最悪の事態を避けるには、トーク一覧から上司や取引先など“決して誤爆してはいけない人”のトークルームを非表示にするのも手です。

もちろん、トークルームを非表示にしても相手からのLINEは受信できるうえ、相手からメッセージが届くとトークルームは自動でトーク一覧に復活するため、これまでのトーク履歴も問題なく閲覧できます。

これなら、自分がLINEをするとき、相手のトークルーム自体が見えない(選択できない)状態なので、最悪の誤爆を防ぐことができるでしょう。

■特定の相手のトークを非表示にする手順

特定の相手のトークを非表示にする手順

LINEのトーク一覧から誤爆したくない相手の表示名を左にスライドする(左写真)。そして「非表示」を選べば非表示になる(右写真)。これで上司や取引先のトークルーム自体が表示されないため、誤爆の危険を回避できる

【3】表示名を間違えにくいものに変更して誤爆を防ぐ

LINEに表示される名前は必ずしも本名ではありません。よくメッセージをやり取りする友だちの表示名が、ローマ字表記だったり名字だけだと、つい間違えて誤爆するリスクが高まります。

そこでオススメしたいのがLINEの表示名の変更です。たとえば山田さんが複数いるときは「会社山田さん」「同級生山田さん」「サークル山田さん」といった具合に肩書をつけて変更しておきましょう。

もちろん、LINEの表示名を変えても相手に通知されることはありませんので、今すぐ名前の表記を見直しておきましょう。きっと誤爆の確率が下がりますよ。

■相手の名前を変更する手順

相手の名前を変更する手順

LINEを開いて「ホーム」タブから「友だち」を選択(左写真)。表示名を変えたい相手を選び、表示名の右にある鉛筆アイコンを押す(右写真)。すると、表示名の入力画面になるので、間違えにくい名前に変更しておこう

もう後悔しない!「LINE」の誤爆を防ぐ8つの予防法のページです。オトナライフは、【SNSLINELINEの使い方誤爆】の最新ニュースをいち早くお届けします。