iPhone 14 Pro MaxとASUS ROG Phone 6 Pro、ゲーム好きはどっちを選ぶ?

2022年10月、スマートフォン、タブレットなどの消費者動向や市場調査 を調べるMMD研究所の調査結果によると「メインで利用しているスマートフォンの種類」では、iPhoneが49.4%、Androidが50.4% だった。調査結果にあるように、最近では、とくにAndroidがシェアを伸ばしていると言われているが、iPhone人気は根強く、理由は変わらない“シンプル&快適さ”があげられる。

iPhoneはApple社が独自開発しているOSを使用しているので、UIがどの機種も似ていて慣れると使いやすい。また、App Storeに掲載されているゲームはiPhone向けに調整されているため、アプリがサクサクと動く点もゲーム好きに好評なのだ。そこで今回は、Androidの中でもゲーミングスマホと呼ばれる高価格・高機能な「ASUS ROG Phone 6 Pro」と、シリーズの最新機種「iPhone 14 Pro Max」を『基本性能』『バッテリー』『サイズ』別に比較。ゲームをたのしむのに適しているのは、どちらだろうか。

「ASUS ROG Phone 6 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」の基本性能を比較

ゲーミングスマホは、ゲーム中に滑らかに動くことがもっとも大切。だからこそ、一般的なスマホよりも高性能なCPUを搭載しているのが特徴だ。CPUとは別名プロセッサーと呼ばれ、たとえるなら、スマホの“頭脳”というべきパーツだが、CPUの性能が高ければ高いほど、さまざまなタスクを早く処理することができる。はたして両者のCPUは、どうだろうか…?

「ASUS ROG Phone 6 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」の基本性能を比較(Image:Yalcin Sonat / Shutterstock.com)

「iPhone 14 Pro Max」(左写真)と「ASUS ROG Phone 6 Pro」(右写真)の性能比較ははたして。(右写真はASUS Storeより転載)

■ASUS ROG Phone 6 Pro

プロセッサー: Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 (オクタコアCPU) Adreno 730

■iPhone 14 Pro Max

チップ: A16 Bionic

ROG Phone 6 Proは、Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1という最新のCPU搭載。またASUS×ASCIIが行った速度の性能を測るテスト「AnTuTu Benchmark」では、100万以上のスコアを叩き出たしている。スマホゲームも高画質化の傾向が著しいが、同CPUにかかれば、どれでもぬるぬる動きそうだ。 一方、iPhoneもA16 Bionicという業界トップレベルの処理速度と効率を実現。両者とも普通のゲームを楽しむときに不足は感じないことだろう。

バッテリーは大容量がおすすめ

次はバッテリーをみてみよう。スマホでゲームをする人ならおわかりだろうが、ゲーム中はとにかくバッテリーの減りが激しいもの。新しくスマホを購入するなら、バッテリーの性能も要チェックだ。バッテリー容量は“○○mAh”という数値であらわされるのだが、ゲームをするなら3000mAh~4000mAhはほしいところ。当然、値が高ければ高いほど電池持ちがよくなるわけだが… はたして両者のバッテリーはどのくらいだろうか…?

■ASUS ROG Phone 6 Pro

バッテリー容量:  6000mAh

■iPhone 14 Pro Max

バッテリー容量: 4323mAh

比較してみたところ、こちらはiPhone 14 Pro Maxより、ASUS ROG Phone 6 Proの方がバッテリーの容量が大きいことがわかった。

こだわりたいのはサイズ感

さらに、スマホの大きさにも着目してみよう。スマホでゲームをするならサイズ感にはこだわりたいところ。小さい画面だと目が疲れてしまし、繊細なグラフィックも楽しめない。ゲームの操作性も考えて、個人的にサイズは大きめがオススメだ。ただ、人によっては“大きすぎて持ちにくい”という場合も考えられるため、何度も手にとって、こだわりのサイズ感を探してみよう。

■ASUS ROG Phone 6 Pro

画面サイズ: 6.78インチ

■iPhone 14 Pro Max

画面サイズ: 6.7インチ

両者ともディスプレイサイズは大画面。全体を見渡しやすくゲームの世界に没頭できる迫力のサイズ感だ。実際に“ROG Phone 6 Pro VS iPhone 13 Pro Max – Speed Test”と称して、「liTech」チャンネルがYouTubeで両者の動作スピードを比較している。

実際に動作を検証している動画。実際の動作が目に見える

その結果、電源からの立ち上がりやYouTubeやFacebookのアプリ、カメラをクリックすると動作スピードが早いのはiPhone 14 Pro Maxだということがわかった。ただ、ASUS ROG Phone 6 Proのほうは、やはりゲーミングスマホというだけありゲームのアプリを起動させると動作スピードが早い。

いずれにせよ、どちらともゲームを楽しむのに不足ないスペックをもっている「ASUS ROG Phone 6 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」。高価な買い物なだけにAndroidかiPhoneかどちらを選ぶかは、使いやすさで選んでみるのもいいかもしれない。

●「ASUS ROG Phone 6 Pro」とApple(公式)は→こちら
●「iPhone 14 Pro Max」(公式)は→こちら
参照元:速度を計ったら世界最速のゲーミングスマホだった! 「ROG Phone 6 Pro」実機レビュー【ASUS×ASCII

※サムネイル画像(Image:左・Yalcin Sonat / Shutterstock.com 右・ASUS Storeより引用)

吉田祐貴
福岡県出身。編集プロダクションで修行後に独立。編プロ時代の不摂生を反省し、健康的な生活を送るための情報探しに余念がない。Twitterのくすっと笑える話題を見つけると、つい反応してしまう。スポーツはルールを勉強するところが楽しいポイントだと思っている。

iPhone 14 Pro MaxとASUS ROG Phone 6 Pro、ゲーム好きはどっちを選ぶ?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidASUSiPhoneiPhone 14 Pro MaxROG Phone 6 Pro】の最新ニュースをいち早くお届けします。