「MVNO」と「MNO」の違いって何? 格安SIMへの乗り換えで覚えておきたい基礎用語

最近は、大手キャリアに比べ驚くほど月額利用料が安い「格安SIM」やahamo、povo2.0といった「格安プラン」が登場していますが、実際にスマホを乗り換えるときには「MVNO」「MNO」といった謎のカタカナ用語を見かけることがあります。どちらも似たような感じなので混乱すると思いますが、意外と重要な用語なのでここでしっかり覚えておきましょう。

「MNO」は自社回線を所有する“大手キャリア”のこと

「MNO(エムエヌオー)」は“Mobile Network Operator”の略で、日本語に訳すと「移動体通信事業者」となります。

MNOとは自社でモバイル通信回線設備を持つ通信事業者のことであり、具体的には大手携帯電話キャリアのドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4社のことを指しています。

ちなみに、かつて楽天モバイルは格安SIMの事業を行っていましたが、2020年4月からは本格的にMNOサービスを開始しています。

また、auはUQ mobile、ソフトバンクはY!mobileというサブブランドもありますが、これについては話が少々ややこしいので、のちほど解説しましょう。

「MNO」は自社回線を所有する“大手キャリア”のこと

MNOはモバイル通信回線設備を自社で持っている通信事業者のこと。現在はドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4社が該当する

「MVNO」はモバイル通信回線を持たない“格安SIM”のこと

「MVNO(エムブイエヌオー)」は“Mobile Virtual Network Operator”の略で、日本語では「仮想移動体通信事業者」と訳されています。

“仮想”とは自社でモバイル回線を持たず、大手キャリアのモバイル通信回線を借りているという意味で、“移動体”はスマホの意味になります。

つまり、MVNOとは“大手キャリアの回線を借りて携帯電話サービスを提供する格安SIM事業者”のことなのです。

格安SIMはIIJmio、OCN モバイル ONE、イオンモバイル、NUROモバイル、日本通信、BIGLOBEモバイル、J:COM MOBILE、y.u mobile、BIC SIM、mineo、LIBMO、QTmobileなど、日本全国にかなりの数の事業者が存在します。

格安SIMは、ドコモ回線を利用している事業者がほとんどですが、なかにはau回線やソフトバンク回線を選択できる場合もあります。

「MVNO」はモバイル通信回線を持たない“格安SIM”のこと

MVNOはいわゆる格安SIMのこと。自社回線や店舗を持たないため料金を安くすることができる。母体となる事業者はさまざまで、スーパー、ケーブルテレビ局、電力会社、家電量販店などがある

OCN モバイル ONEの「エコノミーMVNO」

ドコモショップでは「エコノミーMVNO」という月額550円の格安SIMを販売している。これは同じNTTグループのOCN モバイル ONEが提供している新コースの500MB/月コースのことで、特別にドコモショップで申し込めるようになっている

「MVNO」と「MNO」の違いって何? 格安SIMへの乗り換えで覚えておきたい基礎用語のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidauMNOMNPMVNOソフトバンクドコモ格安SIM格安プラン楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。