Vtuberのバズるポイントとは? 最新トレンド調査で判明【エビリー調べ】

株式会社エビリーが、Vtuberのトレンド推移について調査を実施した。国内最大級のYouTubeデータ分析ツール「kamui tracker」を用いて独自にデータを集計したものを公開している。同調査の結果を見ていくことで、Vtuberの最新トレンド事情に併せてVtuberのバズるポイントなどもわかっていくかもしれない。

実際、Vtuberはどれくらい人気?

VTuberチャンネル開設数の推移

(「株式会社エビリー」調べ)

VTuber関連動画数の推移

(「株式会社エビリー」調べ)

VTuber関連タイアップ動画数の推移(ゲーム・Webアプリジャンル)

(「株式会社エビリー」調べ)

VTuber関連タイアップ動画数の推移(ゲーム・Webアプリジャンルを除く)

2022年10月時点でのVTuberのチャンネル開設数は52件。すでにいるトップVTuberを見て、人知れず諦める方も中にはいるのかもしれない…(「株式会社エビリー」調べ)

Vtuberの始まりは、2016年12月に活動を始めた「キズナアイ」だと言われている。同年2016年には198のチャンネルが開設しており、Vtuberのチャンネル開設自体のピークは2018年の2,066件だ。しかし2022年10月現在では52件と、徐々に落ち着いてきている。

一方で、Vtuber関連動画数は2016年の218件から2022年10月現在ではなんと359,971件。2022年末には474,330件に上る見込みがされている。

また、Vtuberを活用した企業のプロモーション事例も、大幅に増加傾向にある。最近では、ゲームやWebアプリジャンルに留まらず、食品、化粧品、アパレル、観光業…といった企業とのタイアップ事例も見受けられている。視聴者のみならず、企業からの注目も高まっているようだ。業種問わずタイアップの可能性を持つVtuberだからこその結果だろう。

Vtuberのバズるポイントとは? 最新トレンド調査で判明【エビリー調べ】のページです。オトナライフは、【動画・音楽VTuber】の最新ニュースをいち早くお届けします。