これでもう安心!? USB規格が分かりやすい表記に変更される!

パソコンやスマホなどのデジタル機器で多用されているUSBコネクタ。しかし、USBの規格は「1.1」「2.0」「3.0」「3.1」「3.2」など、見た目がほとんど同じなのに転送速度や給電能力が大きく異なっています。そこでUSBの仕様を策定する団体「USB-IF」は、今後のUSB規格の表示をさらに分かりやすいものに変更すると発表しました。これで今よりもっとUSBが分かりやすくなるかも!?

とにかく分かりにくいUSB規格の変遷とは?

パソコンの外部機器を接続したりスマホを充電するときなど、さまざまな場面で広く利用されているUSBコネクタ。皆さんも毎日のように使っていることでしょう。

そもそもUSBとは「Universal Serial Bus(ユニバーサル・シリアル・バス)」の略で、汎用性が高くデータの転送や電源の供給を行うことができるのが便利です。

USBは1996年バージョン「1.0」が策定されましたが1998年には「1.1」が登場。2000年には今でも使われている最大480Mbpsの「2.0」に発展しました。

その後2008年には、最大5Gbpsの「3.0」が登場し、さらに2013年には最大10Gbpsの「USB 3.1」へ、2017年には「USB 3.2」へと進化して転送速度は20Gbpsに達しています。

しかし、USBコネクタの形状はずっと「Type-A」のままで、USB 3.0から内部の色が青になったくらい。つまり、見た目では転送速度や給電能力などは判断しにくくなっていました。

そして、2019年には最大40Gbpsとなる「USB4」が策定され、さらに2022年には最大80GbpsのVersion.2.0も控えています。ちなみに、USBコネクタの形状はUSB4でType-C形状に統一されることになりました。

そこで、USBの仕様を策定する団体「USB-IF(USB Implementers Forum)」は、2022年9月末にUSB PD 3.1に準拠したUSB Type-Cのロゴ認証を発表し、USB4の表記ガイドラインの改訂を発表したのです。

分かりにくいUSB規格

長年パソコンやAV機器などで使用されてきたUSB 2.0のType-Aコネクタ(写真右側)。3.0以降は端子内部の色が青になっているので(写真左側)、ざっくりとした規格の違いは判断できる

規格 転送速度 電力供給
1996年 USB 1.0 最大12Mbps 5V/500mA(2.5w)
1998年 USB 1.1 最大12Mbps 5V/500mA(2.5w)
2000年 USB 2.0 最大480Mbps 5V/500mA(2.5w)
2008年 USB 3.0(3.2 Gen1) 最大5Gbps 5V/900mA(4.5w)
2013年 USB 3.1(3.2 Gen2) 最大10Gbps 5V3A(15W)
2017年 USB 3.2(3.2 Gen2×2) 最大20Gbps 5V3A(15W)
2019年 USB4(Ver.1) 最大40Gbps 20V/5A(100W)
2022年 USB4(Ver.2) 最大80Gbps 不明

※USB4ではコネクタ形状がType-Cに統一される
1996年に登場したUSBは年々進化している。表にすると分かりやすいが、USB 3.0以降はどんどん規格が変化して呼び方まで複数あるのが分かりにくい。なお、最新規格は「USB4」となっている(表は筆者が作成)

「USB4」ではコネクタ形状がType-Cに統一される

「USB4」ではコネクタ形状がType-Cに統一されることになった。ちなみに「USB 3.X」とは互換性がある

これでもう安心!? USB規格が分かりやすい表記に変更される!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスUSBUSB 2.0USB 3.0USB Type-CUSB4】の最新ニュースをいち早くお届けします。