第10世代iPadのUSB-Cデータ転送速度は、第9世代Lightningと同じ?

2022年10月26日に発売された第10世代iPad。もうすでに手に取ってみた人、実際に使いはじめている人もいるだろう。どのような製品もよい面悪い面はあるだろうし、どのような機能を重要視するかは人それぞれだが、第10世代iPadのUSB-Cポートは他のモデルと比べて遅く、データ転送速度はLightningと同じ最大480Mbpsにとどまることがわかった。

発売されたばかりの第10世代iPad  USB-Cポートは他のモデルに比べて遅いことが判明

第10世代iPadのUSB-C ポート(Image:Anton_Ivanov / Shutterstock.com)

第10世代iPadはいろいろなスペックがレベルアップしているが、データ転送速度は現行の第9世代と同じだった

このたびの新型「iPad(第10世代)」の大きな特徴の1つは、ホームボタンではなく、トップボタンに「Touch ID」が内蔵されたことだろう。そのためベゼルが狭いデザインになっており、画面が本体いっぱいまで大きくできて見やすくなっている。

カラー展開は「シルバー」「イエロー」「ピンク」「ブルー」で、カラフルな印象だ。持ち運ぶのに気分が上がりそうなカラーラインナップになっている。プロセッサには「A14 Bionic」が搭載されており、現行の第9世代のA13 Bionicよりレベルアップしているのが嬉しい点だろう。

そして、ついに従来のLightningからUSB-Cが採用されたのだが、実際は制限速度がおさえられており、Lightningコネクタを備えた第9世代iPadと同じであるなどとして、ネット上で話題になっている。

第10世代iPadのUSB-Cデータ転送速度は、第9世代Lightningと同じ?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPadiPad ProLightningケーブルUSB Type-CUSBポート】の最新ニュースをいち早くお届けします。