Macで「バッテリーは充電停止中」と表示されたときの対処法!

Macのバッテリー機能は非常に優れ、マックスに充電すれば15時間以上の駆動時間があるといわれている。ところが充電アダプターに接続して充電を行っても充電されず「バッテリーは充電中」と表示される場合がある。Macの「バッテリーは充電中」表示が出たときの対処法を紹介します。

Macの「バッテリーは充電停止中」表示の原因

Macのバッテリー駆動時間は、MacBook Air M1の登場以降飛躍的に向上したといわれている。M1チップとM1チップ向けに最適化されたmacOS Big Surがバッテリー駆動時間を大幅に引き上げたからである。

旧モデルであるIntelチップ搭載13インチMacBook Proのバッテリー駆動時間は、ワイヤレスインターネット利用時で最大10時間、Apple TVアプリのムービー再生時で最大10時間であった。

しかしAppleの公式発表によれば、13インチMacBook Air M1のバッテリー駆動時間は、Apple TVアプリのムービー再生時で最大18時間、ワイヤレスでのインターネット利用時で最大15時間である。

13インチMacBook Proのバッテリー駆動時間に関しては、Appleの公式発表によれば、Apple TVアプリのムービー再生時で最大20時間、ワイヤレスインターネット利用時で最大17時間とさらに飛躍的な進歩が見られている。

このようにMacのバッテリー駆動時間は向上したが、バッテリーの充電機能に問題が生じることがあるようだ。充電器とMacを接続してコンセントに挿して1時間経っても、バッテリー残量がまったく増えないというのが症状である。

Macを充電すると、デスクトップ画面右上のバッテリーアイコンが変化し「稲妻」マークが表示される。しかしバッテリーの充電が行われないと「稲妻」マークではなく「コンセント」マークが表示される。

この「コンセント」マークをクリックすると「バッテリーは充電停止中」と表示されるようだ。この記事では、Macの「バッテリーは充電停止中」表示が出る原因とその対処法を紹介する。

・Apple公式サイトで記載されている原因

Intelチップ搭載13インチMacBook Proやそれ以前のモデルで、「バッテリーは充電停止中」表示が出るのであれば理解できるが、旧モデルの不具合や不備を改善しバージョンアップしたMacBook Air M1などで充電の問題が生じるのは理解に苦しむところだ。

MacBook Air M1やMacBook Proで「バッテリーは充電停止中」表示が出ることを、開発元のApple社が公式に発表しているのかどうか、疑問に思われるに違いない。

Apple社は充電に関する問題が発生していることをすでに知っており、公式ページで以下の3つの原因を挙げている。

●Macのバッテリー寿命を少しでも長くするためにMacの充電を一時停止しているため。
●ワット数が少ない電源アダプターなど、バッテリーの充電を行うのに十分ではない電源がMacに接続されているため。
●ビデオ編集ソフトやビデオゲームなど、多くの電力を消費するものが実行されているため、電源の供給が追いつかないため。

Macで「バッテリーは充電停止中」と表示されたときの対処法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMacMacBookMacBook ProMacの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。