【Mac】セーフモードの起動方法 – 起動しないときの対処法も解説!

Macの調子が突然おかしくなり、クラッシュするなどの問題が生じた場合にトラブルを解決するのに利用されるのがセーフモードだ。Macにトラブルが生じてほしいとは誰も思わないが、セーフモードの起動方法を知っていれば安心できる。Macでセーフモードを起動する方法や注意点について解説します。

【Mac】セーフモードとは

Macを操作しているときに、画面動作や画面操作がおかしくなったり、インストールされているアプリが頻繁にフリーズして反応しなくなったりするという経験をしたことはないだろうか。

Macで問題が生じた場合、パソコン本体を再起動すれば問題の多くは解決されるが、Macにインストールしたアプリの不具合や破損が原因で、Macの動作が重くなったりおかしくなったりする場合がある。

あるいはアプリをインストールしたときは問題なく起動できたのに、アプリのアップデートを行ってから突然動作がおかしくなり、思ったように操作できなくなる場合もある。

Macには、本体に問題が生じ何が原因で動作がおかしくなったかを判別するための特別な表示モードが搭載されている。それがこの記事で紹介するセーフモードだ。

この記事ではセーフモードとは何か、搭載されているOSに応じたセーフモードの起動方法やセーフモードが起動しない場合の対処法、さらにはセーフモードを起動させる上での注意点について詳しく解説する。

・Macの起動方法のうちのひとつ

Macのセーフモードとは、ノート型MacであるMacBook Pro、MacBook AirやiMacなどのすべてのMacに搭載されているスナップインモードのことだ。

スナップインとは、Macの管理用ツールとしてどのようなことができるかが書かれている設定ファイルを指す。つまりセーフモードとは、Macの管理者がMacの中身を管理するために利用する表示モードということである。

Macを標準モードではなくセーフモードにして起動すると、起動プログラム、システム拡張機能、Macにインストールされているソフトウェアすべてを起動させずにMacを立ち上げることができる。

・パソコンの問題解決時に使用することが多い

この記事の冒頭で紹介したように、Macを起動させてからアプリを立ち上げて操作しようと思ったら、アプリが開かなくなったり、開いてもフリーズしてまったく動かなくなったりする場合がある。

Macの動作がおかしくなったのはアプリに原因があるように思われるが、実は問題はアプリではなくMacのシステムにあるのかもしれない。

注意すべきなのは、動作がおかしくなった原因がアプリやソフトウェアにあるのか、それともシステムにあるかを見極めることだ。

セーフモードでMacを起動させると、インストールされたアプリやソフトウェアを起動させずにMacを起動させられるので、セーフモードで起動させたMacが正常に動くようなら、問題はアプリやソフトウェアにあることになる。

逆にセーフモードでMacを起動させた後も問題が解決されていないようなら、問題はアプリやソフトウェアではなく、Macのシステムにあることが分かる。

・セーフモードで起動することのメリット

Macをセーフモードで起動させることにはいくつかのメリットがある。その1つは先ほど紹介したように、Macがクラッシュして動作しなくなった場合に問題がアプリやソフトウェアにあるのか、それともシステムにあるのかを判断できることだ。

セーフモードでMacを起動させることにはもう1つのメリットがある。フォントキャッシュやカーネルキャッシュなどのシステムキャッシュを削除して、クリーンアップできることだ。

システムキャッシュとは、MacのOSが内部的に使用するデータの保存領域で、システムに必要なプログラムやデータを一時的に保存しておくためのものだ。Macの動作の高速化を図る面で、システムキャッシュが果たす役割は非常に大きい。

しかし注意しないとシステムキャッシュが溜まりすぎて、逆にMacの動作が重くなりサクサク作業ができなくなるので、不要なシステムキャッシュは削除する必要がある。セーフモードを起動すれば自動的にシステムキャッシュが削除されるので便利である。

【Mac】セーフモードの起動方法 – 起動しないときの対処法も解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMacMacBookMacBook ProMacの使い方セーフモード】の最新ニュースをいち早くお届けします。