「チューナーレステレビ」最新機種まとめ – ついに4K対応75V型も登場!

NHKをまったく見ない人でも、テレビを持っていればNHKの受信料を支払う必要があります。そこで今注目されているのがテレビチューナーを搭載せず、Android TVで動画配信サービスを視聴できる「チューナーレステレビ」です。これならテレビチューナーを搭載していないので、NHKの受信料を払わなくてもOK! 当初は24V〜43V型が多かったのですが、最近は、4K対応75V型モデルまで登場しています。今回は各社から発売されている「チューナーレステレビ」のサイズ、性能など比較してみました。

50型の4Kモデルも登場した「チューナーレステレビ」のトレンドは?

最近、テレビ(地上波やBS)チューナーを搭載していない「チューナーレステレビ」が注目されています。

チューナーレステレビはテレビチューナーを搭載していないので、地上波やBSなどのテレビ放送は見られませんが、テレビチューナーを搭載していないので、NHKの受信料を支払う必要がありません。

NHK(地上波)の12カ月前払い料金は1万3,650円もするので、NHKをまったく見ないのであればかなりお得ですよね。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

チューナーレステレビはネット動画配信サービスに対応する「Android TV(Google TV)」を内蔵していますので、Amazonプライム・ビデオやNetflix、TVerといった動画配信サービスを利用できます。

しかも、「TVer」ならNHK以外の民放のテレビ番組を放送後に無料で視聴できるので、もはやテレビチューナーなしでテレビ番組を楽しめてしまうのです。

ドン・キホーテが2021年12月に発売した「AndroidTV 機能搭載チューナーレス スマートテレビ」(Image:donki.com)

ドン・キホーテが2021年12月に発売した「AndroidTV 機能搭載チューナーレス スマートテレビ」は、1万5,000台以上も売り上げて話題となった(写真はドン・キホーテ公式サイトより転載)

ちなみに、Android TVを内蔵していてもテレビチューナーを搭載しているタイプもあり、こちらは主に「スマートテレビ」と呼ばれています。

スマートテレビは日本の大手家電メーカーからもたくさん販売されていますので、購入時は間違えないようにしましょう。

また、Android TVもチューナーもどちらも搭載しないものは、単なる「パソコン用液晶モニター」となります。

当初は24V〜43V型のモデルを中心に発売されていたチューナーレステレビですが、最近は50V型以上で4K(3840×2160)対応の高画質モデルが次々に発売されており、65V型や75V型の超大型モデルも登場しています。

そこで今回は、チューナーレステレビの最新トレンドと、今買えるモデルについてまとめて紹介しましょう。

「チューナーレステレビ」最新機種まとめ – ついに4K対応75V型も登場!のページです。オトナライフは、【デバイスAndroid TVGoogle TVNHK受信料Tverエディオンゲオチューナーレステレビドン・キホーテ】の最新ニュースをいち早くお届けします。