【Microsoft Edge】イマイチなデフォルト設定を無効にして使いやすくする方法

Microsoftの「Windows 11」では、デフォルトのWebブラウザが「Microsoft Edge」になっています。しかし、デフォルト設定がイマイチで「Google Chrome」より使いにくいと感じる人も多いのではないでしょうか? そんなときはMicrosoft Edgeのダメな初期設定を無効にしてみましょう。そこで今回は、Microsoft Edgeをもっと使いやすくする7つのカスタマイズ方法を紹介します。

Microsoft Edgeはもっと使いやすくカスタマイズできる!

現在、パソコンのWebブラウザアプリとしては「Google Chrome(グーグル・クローム)」が圧倒的なシェアを獲得していますが、Windows 11でデフォルトになっているのは「Microsoft Edge(マイクロソフト・エッジ)」です。

もちろん、Microsoft Edgeは動作が軽く非常に使いやすいアプリなので、そのままGoogle Chromeから乗り換えた人も多いことでしょう。

とはいえ、Microsoft Edgeをデフォルトのまま使っていると、どうしてもしっくりこない感じがします。

そんなときは、Microsoft Edgeのダメな初期設定を無効にして、もっと自分が使いやすいようにカスタマイズしてみましょう!

Windows 11でデフォルトになっているWebブラウザ「Microsoft Edge」のスタート画面

こちらが、Windows 11でデフォルトになっているWebブラウザ「Microsoft Edge」のスタートページ。Google Chromeより動作が軽く、実際に使って見ると意外と悪くない印象だが……

【1】検索エンジンを「Bing」から「Google」に変更する

Microsoft Edgeを使って最初に戸惑う部分が、デフォルトの検索エンジンに「Bing」が使用されていることでしょう。

Google Chromeでは「Google」がデフォルトだったので、違和感があるのは当然です。現状、検索エンジンとしてはやはりGoogleのほうが使いやすいのではないでしょうか?

【1】検索エンジンを「Bing」から「Google」に変更する

Microsoft Edgeでキーワード検索すると、検索エンジンは「Bing」がデフォルトになっているので、違和感を感じる人は多いはずだ

もちろんMicrosoft Edgeでは、検索エンジンをBing以外のものに変更できますので、やはりGoogleに変更しておいたほうがいいでしょう。

設定方法は、まずMicrosoft Edgeの「設定」を開き、「プライバシー、検索、サービス」→「アドレスバーと検索」→「アドレスバーで使用する検索エンジン」から、検索エンジンに「Google」を選択すればOKです。

決してBingがダメというわけではないのですが、これでMicrosoft Edgeで検索したときの違和感はなくなるはずです。

■検索エンジンを「Google」に変更する手順

検索エンジンを「Google」に変更する手順1

Microsoft Edgeを起動したら右上にある「…」をクリックして表示されるメニューから「設定」を選択しよう

検索エンジンを「Google」に変更する手順2

左側で「プライバシー、検索、サービス」を選択したら、右のウインドウをいちばん下までスクロールさせ「アドレスバーと検索」を選択する

検索エンジンを「Google」に変更する手順3

「アドレスバーで使用する検索エンジン」の右側にある「Bing(推奨、規定値)」をクリックし、タブに表示された「Google」を選択すればOKだ

検索エンジンを「Google」に変更する手順4

検索エンジンをGoogleに変更すれば、Google Chromeのときと同じようにGoogleでキーワード検索することが可能になる

【Microsoft Edge】イマイチなデフォルト設定を無効にして使いやすくする方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMicrosoftMicrosoft Edgeブラウザ】の最新ニュースをいち早くお届けします。