ソフトバンクから22万円のライカ監修「Leitz Phone 2」独占販売が話題 – 気になる詳細は?

ソフトバンクが新商品として、ドイツの老舗カメラメーカー・ Leika(ライカ)監修で5Gスマートフォン「 Leitz Phone 2」を11月18日に発売することがわかった。ベースはシャープ製の「AQUOS R7」。価格は22万5,360円で、なんとソフトバンクによる独占販売。全国約850店舗の主要量販店とソフトバンクショップ限定で取り扱われるようだ。

やはり主役はカメラ

Leika(ライカ)監修で5Gスマートフォン「 Leitz Phone 2」1

カメラ好きにはたまらない端末が登場してしまったのかもしれない(画像は「ソフトバンク」公式サイトより引用)

「Leitz Phone 2」には、ライカの1インチイメージセンサー(約4,720万画素)と、高品質な非球面レンジのズミクロンレンズが採用されており、動く被写体にも素早くピントを合わせることができる。前世代で不満の声が多かったAFの精度を改善した仕上がりとなっているようだ。通常時は約1,180万画素で記録され、最大画素で記録するためのハイレゾモードもある。

また、カラーはライカM8ホワイトをモチーフにした「ライカホワイト」の1色のみ。側面にライカの特徴でもあるローレット加工(細かい凹凸状の加工)が施されており、スマホをしっかり固定してシャッターを切ることができる。

ちなみに、22万5,360円という価格は、前世代の「Leitz Phone 1」から約3万7,000円の値上がり。値段を見るとやや怯んでもしまうが、ソフトバンクが実施している「新トクするサポート」を適用すれば実質負担は11万2,680円になる。

「Leitz Looks」でライカらしい写真が撮れる

Leika(ライカ)監修で5Gスマートフォン「 Leitz Phone 2」2

(画像は「ソフトバンク」公式サイトより引用)

ライカ監修が最も表れている点と言えば、撮影モード「Leitz Looks」の収録だろうか。ライカらしい写真を撮影できる、と謳われている「Leitz Looks」は、ライカMレンズにインスパイアされており、「Summilux 28」、「Summilux 35」、「Noctilux 50」の3モードが用意されている。

フィルターには「Leitz Phone 1」から引き続き収録の「Monochrome」に加え、初期設定の「Original」、「Cinema Classic」、「Cinema Contemporary」が増えた。撮影した写真は、最大10億色を表現できる「Pro IGZO OLED」の、6.6インチのディスプレイで楽しむことができる。さらに、240Hz駆動に対応もしているようだ。

主なスペックとして、バッテリー容量は5000mAh、保存容量は512GB、メモリは12GBを搭載。防水、防塵、おサイフケータイにも対応しており、チップセットはクアルコムの「Snapdragon 8 Gen 1」とのことだ。顔認証も指紋認証も可能という点もうれしいポイントかもしれない。

引用元:“ソフトバンク”、ライカ監修の5Gスマホ「LEITZ PHONE 2」を11月18日から独占販売【ソフトバンク
引用元:LEITZ PHONE 2【ソフトバンク

※サムネイル画像は(Image:​「ソフトバンク」公式サイトより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

ソフトバンクから22万円のライカ監修「Leitz Phone 2」独占販売が話題 – 気になる詳細は?のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidスマホソフトバンクライカ】の最新ニュースをいち早くお届けします。