YouTube10万回再生の収入(広告収益)はいくら?3万円弱が目安も長さ/分野で変わる

駆け出しのYouTuberの動画が「10万回再生」されていたら「この人はどれくらい稼いでいるんだろう」と気になりませんか?

結論から言えば仮に動画が10万回再生された場合、動画が8分以上のものであれば「3万円」程度の収益が期待されます。

YouTube10万回再生の収入(広告収益)はいくら?3万円弱が目安も長さ/分野で変わる1

YouTubeではまず視聴者が動画を再生すると広告が表示されます。広告が一定時間以上閲覧されたり、クリックされると広告主がYouTubeに広告料を支払います。YouTubeは手数料を差し引いて投稿者に収益を還元。広告収入は、1再生あたり約0.05円~0.7円と言われています

基本的に「短い動画」かつ「アダルト系などYouTubeの規約に抵触しやすく、広告も付きにくいジャンル」では単価が下がりがち。逆に8分以上の動画で、クライアントが広告出稿しやすいチャンネルの広告収益は高くなりやすい傾向にあります。

YouTube10万回再生の収入(広告収益)はいくら?3万円弱が目安も長さ/分野で変わる2

ミッドロール広告を使用できるのは「8分以上の動画」。動画の最初と最後に加え、動画の途中にも広告を入れることで動画からの広告収益は大きく上がります

つまり「10万回再生」で3万円以上の収益を上げるには、8分以上の動画を作成してミッドロール広告を使うことが最低限の条件。気になるYouTuberの動画に「どれくらい広告が出ているか」チェックしてみましょう。

今回はYouTuberが「10万回再生」の動画からどれくらい稼いでいるのかについてや、稼ぎやすい分野や収益のカラクリなどについて解説します。

YouTube動画が「10万回再生」された場合の収入/収益の目安

10万回再生された場合の収入/収益は、前述の通り「8分以上の動画か否か」で変わります。8分以下かつ「広告が付きにくい動画」の場合、1再生当たりの単価は0.1円を下回ってしまうことも。

8分以上の動画の場合、1再生当たり0.3円~0.5円。10万回再生当たり、3万円~5万円が期待されます。より詳細な再生数に対する実際のYouTube収益については、YouTuberで格闘家のシバターさんのケースが非常に参考になります。

YouTube動画が「10万回再生」された場合の収入/収益の目安1

シバターさんはメインチャンネル「PROWRESTLING SHIBATAR ZZ」のほか、サブチャンネル「パチンコ・パチスロ日本代表ch」を運用。2022年5月のYouTube広告収益はメインチャンネルが104万、サブチャンネルが34万で計138万。また企業案件が11本あり、収益が280万。合わせて418万だったそう

シバターさんのメインチャンネル/サブチャンネルの収益を、それぞれの2022年5月の再生回数で割ると、1再生当たりの単価は以下の通り。

・メインチャンネル:1再生当たり0.31円
・サブチャンネル:1再生当たり0.5円

メインチャンネルの収益は0.31円で、10万回再生されると「3万1000円」になります。一方、サブチャンネルの収益は0.5円で10万回再生されると「5万円」になります。

YouTube10万回再生の収入(広告収益)はいくら?3万円弱が目安も長さ/分野で変わるのページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeYouTube PremiumYouTubeの使い方YouTubeパートナープログラム】の最新ニュースをいち早くお届けします。