Googleアカウントを複数作成する方法と2つ以上作成/管理する際の注意点

Googleが提供するサービスを利用するために必要なGoogleアカウント。

「Googleアカウントを複数作成したい」「仕事とプライベートでGoogleアカウントを使い分けたい」といった方も多いのではないでしょうか。

Googleアカウントを複数作成する方法と2つ以上作成/管理する際の注意点1

Googleアカウントを取得することにより利用できるサービスの例。Googleアカウントはメールアドレスとパスワードで管理します。なお、Gmail以外のアドレスでアカウントを作ることも可能です

Googleアカウントは複数作成することが可能。パソコンのブラウザで複数のアカウントを切り替えたり、Androidのアプリを複数のアカウントで利用したりすることができます。

たとえば、仕事とプライベートで2つのアカウントを作成すれば、1つの受信トレイに仕事のメールとプライベートのメールが混ざってしまうことがありません。

Googleアカウントを複数作成する方法と2つ以上作成/管理する際の注意点2

仕事とプライベート用の他に、メルマガ登録用のGoogleアカウントや、Googleフォトで写真を共有するためのアカウントを作成するユーザーもいます。筆者も仕事用、プライベート用、金融機関に登録する用のアカウントと、複数アカウントを作成し、管理しています

この記事では実際にGoogleアカウントを複数作成する方法と、管理時の注意点を解説します。

Googleアカウントを複数/2つ以上作成するのは規約違反? | 複数管理時の注意点

まずGoogleアカウントの複数作成時の注意点について解説します。Googleアカウントは保有できる数に制限が設けられておらず、1人でいくつでもアカウントを作成できます。 アカウントの追加方法は、通常のGoogleアカウントの作成と同様です。

ただし、他人へのなりすましなどGoogleのポリシーに違反するような場合には、アカウントの利用が制限・停止される可能性があります。

1つのアカウントの複数人での利用は非推奨

Googleは、1人で複数アカウントを保有することはできますが、1つのアカウントを複数人で共有すべきではないと告知しています。

その理由は、Googleアカウントは1人のユーザーによる使用を目的として設計されており、複数人で利用すると本人確認やアカウントロックなどの問題が発生することがあるから。トラブル防止のためにも、会社用のアカウントを作って従業員と共有するといったことは控えましょう。

注意点 | アカウントの「名前」の付け方

取得したGoogleアカウントには任意の名前をつけることができます。Googleのサービスによっては、利用時にGoogleアカウントの名前がそのまま表示されます。プライバシーの観点も踏まえ、本名と異なる名前にするなど対策が必要です。

注意点 | アカウントの「名前」の付け方

たとえばGoogle マップにクチコミを投稿すると、投稿者名にGoogleアカウントの名前が表示されます。本名で投稿していると、生活圏や住所などを特定されるリスクが高まります

注意点 | メインアカウントとサブアカウントの使い分け

Googleアカウントを複数作成した場合、利用するアカウントを間違えないよう注意する必要があります。

たとえば、本名で利用している仕事用のアカウントから仕事に関するメールを送ろうとして、間違えてハンドルネームで利用しているプライベート用のアカウントからメールを送ってしまうと、相手は誰からメールが来たのか分かりません。

クリックひとつで手軽にアカウントを切り替えられるからこそ、メールを送信するときや投稿する際は、今利用しているアカウントを確認するようにしましょう。

Googleアカウントを複数作成する方法と2つ以上作成/管理する際の注意点のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleGoogle Chrome】の最新ニュースをいち早くお届けします。