【iPhone】Siriの便利技9選 – タップより音声操作のほうが何倍も早い!

iPhoneユーザーにはお馴染みの音声アシスト機能「Siri(シリ)」。“Hey Siri”と言ってアラームの設定をしたり、天気予報を聞くといったメジャーなリクエスト以外に、Siriには知られざる便利機能がまだまだたくさんあります。そこで今回は、iPhoneのタップ操作を減らすことで、さらに快適に利用できるSiriの便利技を9つ紹介しましょう。

タップ操作よりSiriの音声操作のほうが何倍も早くiPhoneを操作できる!

あなたはiPhoneに搭載されている「Siri(シリ)」を使っていますか? 人前でSiriに話しかけるのが恥ずかしかったり、タップ操作のほうが確実だと感じている人も多いかもしません。

しかし、慣れてしまえば指でタップ操作するよりも、断然Siriを使ったほうが早い場合もあります。

そこでここでは、あまり知られてないSiriの便利技を9つ厳選して紹介しましょう。まずは自宅で1人のときに、こっそりSiriの機能をオンにして試してみてはいかがでしょうか?

■「Siri」を使えるようにする手順

「Siri」を使えるようにする手順1

iPhoneの「設定」から「Siriと検索」をタップ(左写真)。「“Hey Siri”を聞き取る」のボタンをオンにする(右写真)

「Siri」を使えるようにする手順2

音声の登録が開くので、画面の指示に従って音声を記憶させよう(左写真)。「“Hey Siri”の準備ができました」の画面まで進んだら「完了」を押して閉じる(右写真)。これでいつでもSiriが使えるようになる

【1】運転中、「Siri」に新着メールを読み上げてもらう

iPhoneに搭載されているSiriには、受信したメールを読み上げてくれる便利な機能が搭載されています。

たとえば、車を運転しているときや料理をしているときなど、iPhoneの操作が難しいときにSiriを使うと、とっても便利です。

新着メールまたは、メールの内容を確認したいときは、「Hey Siri メールを読んで」や「Hey Siri メール確認」と言ってみましょう。送信者名・送信日時・件名なども読み上げてくれるので、かなり実用的ですよ。

■「Siri」にメールを読み上げてもらう手順

「Siri」にメールを読み上げてもらう手順

iPhoneに「Hey Siri」と呼びかけると画面中央にグラフィックアイコンが表示される(左写真)。続けて「メールを読んで」もしくは「メール確認」と話しかけると、メール画面が開き、新着メールの情報を読み上げてくれる(右写真)

【2】「Siri」に目的地までの経路や近隣の情報を教えてもらう

クライアントとの打ち合わせやプライベート旅行など、初めて行く場所で頼りになるのがマップアプリです。でも、文字入力をして探すのは意外と面倒ですよね。

そのようなときも、Siriはマップと連携できるので、かなり役に立ちます。

たとえば、「上野公園に行きたい」と目的地を言うだけで、現在地からの経路を即座に教えてくれますし、「3時に〇〇へ」などと時間指定をすれば、何時に出発すればいいかまで教えてくれるのです。

もちろん、慣れない旅行先でも「ここから一番近いコンビニは?」や「郵便局は?」などとSiriに話しかければ、最短ルートで目的地にたどり着くことができるでしょう。

■「Siri」に道案内してもらう手順

「Siri」に道案内してもらう手順

「Hey Siri 〇〇に行きたい」と言うと、現在地からの経路検索が始まりマップが自動的に開く(左写真)。また「Hey Siri 一番近いコンビニ」と言うと近隣のコンビニをリストアップしてくれる(右写真)。いずれかのコンビニを選択すればすぐに道案内もしてくれるぞ

【iPhone】Siriの便利技9選 – タップより音声操作のほうが何倍も早い!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiPhoneの使い方Siri】の最新ニュースをいち早くお届けします。