たまに見かけるアカウントを「BAN」された!「垢バン」された! どういう意味?

SNSやソーシャルゲームをやっていると、たまに“アカウントがBANされた!”とか、“垢バン(BAN)された”という言葉を見かけます。でも、これっていったい何のことなのでしょうか? そこで今回は、アカウントのBANや垢バンの意味を解説し、その結果どうなってしまうのかについて、詳しく解説します。

「アカウントBAN」や「垢バン」ってどういう意味?

TwitterやInstagramなどのSNSや、TikTokやYouTubeといった動画投稿サービス、あるいはチャット機能のあるオンラインゲームなどを楽しんでいる人なら、一度は“アカウントがBANされた”とか“垢バン(BAN)”という言葉を見かけたことがあるでしょう。

でも、アカウントがBANされた(垢バン)って、いったい何のことなのでしょうか? 

まず、「アカウント」は言うまでもなくSNSやオンラインゲームを利用するための「ID(メルアドなど)」のことです。パスワードでログイン(サインイン)することで、そのサービスが利用できるようになります。

次に、「BAN(バン)」は英語で“禁止”を表します。つまり“アカウントがBANされた”は「アカウントの使用が禁止された」という意味になるわけです。

ちなみに“垢”は、ネットのスラングで「アカウント」の略称のことですので、垢バンもまったく同じ意味で使われています。

アカウントがBANされた”は「アカウントの使用が禁止された」という意味(Image:PixieMe / Shutterstock.com)

アカウントのBANとは、「自分のアカウントが使用禁止になる」こと。略して「垢バン」とも呼ばれている

アカウントがBANされるといったいどうなるの?

普通にSNSやゲームを利用しているのに、いきなりアカウントがBANされることはありません。そのサービスの利用規約に違反したり、繰り返し迷惑行為をした場合にアカウントがBANされることになります。

それでは、実際にアカウントがBANされてしまうと、どうなってしまうのでしょうか? 

多くの人は、垢バンされると「アカウントが凍結されてSNSやオンラインゲームにログインできなくなってしまう」と思いがちですが、実はサービスごとに垢バンにはいくつかの段階があります。

たとえば、Twitterの場合はいきなり凍結されるわけではなく、「警告」→「一時凍結」→「永久凍結」という段階を踏んでいきます。

何かしら違反行為があると、最初は「警告」を受け、ログインは可能でも投稿ができない状態になります。ただし、警告をされたツイートを修正したり削除して申請すれば、解除してもらえる場合があります。

警告を無視して修正や削除しなかったり、過去に警告を受けたアカウントで同じようなルール違反をした場合は「一時凍結」を受けます。これは、Twitter本社に異議申し立てして認められなければ解除されません。

そして、ルール違反を繰り返した人はもっとも重い「永久凍結」となります。これは、その名の通り永久にそのアカウントが使えなくなるほか、所持している別アカウントもすべて凍結になります。

もちろん、新規のアカウント作成もできなくなりますので、Twitterをまったく利用できなくなる非常に厳しいものです。

●Twitter「強制的対応の適用レベルと適用範囲」は→こちら
●Twitter「アカウントの凍結について」は→こちら

Twitterでは最悪の場合「アカウントの凍結」

Twitterでは最悪の場合「アカウントの凍結」が行われるが、そこに至るまではいくつかの段階がある。したがって、「永久凍結」が本当の意味での垢バンということになる(画像はTwitter公式サイトより転載)

たまに見かけるアカウントを「BAN」された!「垢バン」された! どういう意味?のページです。オトナライフは、【SNSTwitterYouTubeFacebookInstagramネット用語ネットスラングBAN垢バン】の最新ニュースをいち早くお届けします。