複雑な「インボイス制度」実は特例で不要な取引9種類があるって知ってた?

個人事業主やフリーランスの皆さんにとって、「インボイス制度」の開始は、非常に大きな影響があるはずだ。インボイス制度は、令和5年10月から導入されることが決まっているので、それまでにきちんと理解しておきたいところだが、イマイチよくわからないという人も多いのではないだろうか。

2022年11月17日に投稿された、はたけ|個人専門税理士@hatake_taxさん「自営業の知り合いから「とりあえず、インボイスの事業者に登録したけど、インボイスって絶対必要なの?」って聞かれたので、「いや、特例があって、帳簿だけ保存しておけば、インボイスが不要な取引が9種類あるよ」と答えたら、具体的に知りたそうな顔をしていたので、リプ欄の内容を伝えました。」というツイートには、950件を超える「いいね」がついており、ツイッター上で話題となっている。

今回は、こちらのツイートに関する詳細と、リプライ欄に寄せられたさまざまな意見をご紹介したい。

インボイス制度とは、どのような制度?

そもそも、インボイス制度とはなんなのかを、まずは簡単に説明しておこう。インボイス制度とは、仕入れ税額の控除を受ける制度のことである。「インボイス」は適用税率や消費税額などが記載された適格請求書のことなのだが、事業者の皆さんは元請に求められた際にこれを発行しなければいけない。

現時点で免税事業者の皆さんは、インボイス制度に登録して課税事業者となるか、免税事業者を継続するかを検討することから、はじめなければならない。

インボイス制度導入前の現時点では、どの事業者に発注を行っても、元請企業が負担する消費税額は同じである。しかし、制度がスタートすると、元請企業が免税事業者に発注した場合、余分な消費税を負担しなければならなくなるのだ。

このようになった場合、金銭面での折り合いがつかず、他の事業者に発注先を変えられてしまうということにもなりかねないため、インボイス制度に登録する免税事業者は増えるだろう。

ツイートにもあるように、はたけ|個人専門税理士さんの知り合いは、ひとまず課税事業者になることを選んだようだが、後からインボイスは絶対に必要なのだろうかといった疑問が湧いてきたようだ。実は帳簿さえ保存しておけば、インボイスが不要な取引がある。

複雑な「インボイス制度」実は特例で不要な取引9種類があるって知ってた?のページです。オトナライフは、【SNSで話題国税庁Twitterで話題電子帳簿保存法インボイス制度】の最新ニュースをいち早くお届けします。