ポイント還元率が高いデビットカード5選 – クレカよりお得で安心!?

社会人になればクレジットカード(クレカ)を1枚くらいは持っているでしょう。でも、つい使い過ぎてしまうこともありますよね。そこでオススメしたいのが、決済と同時に銀行引き落としされる「デビットカード」です。これなら無駄使いを抑制できますし、最近はクレカ並みにポイント還元されることも多いのです。そこで今回は、デビットカードのメリット&デメリットを解説するとともに、おすすめのデビットカードを紹介します。

そもそも「デビットカード」ってクレカと何が違うの?

日本でもかなりキャッシュレス決済が浸透してきました。PayPayや楽天ペイといったスマホ決済アプリをはじめ、クレジットカード、Suicaなどの交通系ICカードやWAONといった電子マネーまで、さまざまな決済手段が選べます。

でも、現金で払わないとお金を使った実感がなく、つい使い過ぎてしまうことも多いですよね。そのような人には「デビットカード」をオススメします。

デビットカードは銀行が発行するものが多く、クレカと同じように使えますが、買い物をすると即座に銀行口座からお金が引き落とされるのが最大の特徴となっています。

クレカは1カ月分の利用額を後日まとめて引き落とされるので、月末に請求金額にビックリすることもありますが、デビットカードなら銀行口座にある金額以上は買い物できませんし、毎月の上限額も指定できるので、無駄遣いを減らすことができるでしょう。

とはいえ、デビットカードはほかのキャッシュレス決済に比べるとイマイチ利用率が低く、その仕組みやメリット・デメリットが分からない人も多いのが現状です。

そこで今回は、デビットカードのメリットやデメリットについて紹介し、どのような人がお得に使えるのか解説します。

デビットカードのメリットやデメリット

こちらは今回紹介するお得なデビットカード。基本的に銀行のキャッシュカードに付帯していることが多く、VISAやJCBなどの国際ブランド付きならクレカと同じような感覚で使える

「デビットカード」にはどのようなメリットがある?

デビットカードは決済するとすぐに銀行口座からお金が引き落とされる仕組みですので、銀行口座の残高以上の買い物はできません。

また、デビットカードはサービス会社ごとに利用限度額が設定されており、銀行口座に200万円あっても限度額が100万円なら、それ以上は利用できないようになっています。

しかも、利用限度額内であれば自分で上限金額を設定することも可能なので、たとえば、月10万円までと指定すれば、無駄使いをかなり抑制することができるでしょう。

ちなみに、クレカでは分割払いや毎月一定額を支払うように設定できるリボ払いを利用している人もいると思います。

確かに高額な買い物をするときは分割払いするのもやむを得ないのですが、これはオススメできません。

リボ払いは15%程度の高額な利息を取られるため、総支払い額はかなり高くなってしまいます。利用するときは十分注意しましょう。

また、デビットカードには「J-Debit」と「国際デビット」の2種類がありますが、J-Debitは対応店舗が少ないので、やはりVisaやMastercard、JCBといった国際ブランド付きのデビットがおすすめです。

こちらはクレカと同じように使えるお店が多く、手数料は数%かかりますが、イザというときは海外のATMでお金を引き出すことも可能となっています。

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードはクレカと同じように決済できるが、決済方法が大きく異なる。銀行口座に毎月一定金額を入れておくか上限を設定しておけば、それ以上無駄にお金を使うことはない(筆者作成)

【1】銀行口座残高以上のお金を使うことはない!

デビットカードは決済すると、即座に銀行口座から代金が引き落とされますので、銀行口座の預金残高を超えて使うことはできません。

デビットカード会社の上限もありますが、自分で上限額を細かく設定することも可能なので、お金の使い過ぎを抑制したい人にはピッタリです。

ちなみに、クレカにもプリペイド型が登場しています。事前にチャージした金額しか使えないという意味ではデビットカードによく似ていますが、ポイント還元率はやや低めです。

●au「au PAY プリペイドカード」は→こちら

au PAY プリペイドカード(Image:au.com)

au PAY プリペイドカードはMastercardブランドのクレカだが、チャージした金額しか使えないプリペイド(前払)型。Pontaポイントをチャージして使うことも可能で0.5%還元される(画像はau公式サイトより転載)

【2】15歳以上なら誰でも審査なしで簡単に作れる

ご存じのとおり、クレジットカードは未成年(18歳未満)は作ることができません。しかも、審査があるので定職に就いているか、安定した収入がない人は作れない場合もあります。

しかし、デビットカードは15歳以上なら銀行に口座さえ作っていれば審査はなく、年会費無料で作ることができます(一部有料のカードもあり)。

【3】いちいちチャージする手間を省ける

無駄使いを抑制するという意味では、事前にチャージした金額でしか買い物できないSuicaなどの交通系ICカードや、nanaco、WAONといった電子マネーもありでしょう。

しかし、デビットカードは決済時に銀行口座からお金が引き落とされるシステムなので、わざわざ事前にチャージしておく手間を省けます。

デビットカードサービスの上限金額までなら、いちいちチャージしなくても、銀行口座の残高がなくなるまで買い物を続けられます。

【4】ポイント還元やキャッシュバックがある!

デビットカードは、ただ銀行口座に預けてあるお金で買い物できるだけではありません。

クレカと同じように、ポイント還元やキャッシュバックが受けられることが多いのが魅力です。

最近は利用金額1~2%程度のポイント還元が受けられるデビットカードも増えているので、これについては後ほど具体的に紹介しましょう。

【5】不正利用された場合でも補償される!

デビットカードの多くは、万一不正利用された場合の補償サービスがついています。

ただし、補償の範囲は「30日以内」で「年100万円」などとなっていることが多く、クレカほどは手厚くありません。

クレカの場合、よほどユーザーに過失がない場合は全額が補償されますし、その範囲も60日以内などとなっています。この点に関してはクレカのほうが有利でしょう。

ポイント還元率が高いデビットカード5選 – クレカよりお得で安心!?のページです。オトナライフは、【マネークレカキャッシュレスイオン銀行楽天銀行あおぞら銀行BANK支店デビットカードGMOあおぞらネット銀行ソニー銀行ポイント還元】の最新ニュースをいち早くお届けします。