【iOS 16】iPhoneのロック画面とホーム画面で違う壁紙にする方法

iPhoneの壁紙を好きなキャラクターや家族、ペットなどの写真にしている人は多いと思います。iOS 15までは設定から簡単にロック画面とホーム画面で別々の壁紙を登録できましたが、iOS 16にアップデートすると仕様が変わっており、少々分かりにくくなりました。そこで今回は、iOS 16でiPhoneのロック画面とホーム画面を別々の壁紙にする方法を紹介します。

iOS 16では壁紙の設定がやや複雑になった!

アナタはiPhoneの壁紙をどうしていますか? iPhoneを使うときに必ず表示される壁紙は、ロック画面とホーム画面で別々の画像を適用できますが、iOS 16にアップデートすると、以前と壁紙の変更&登録方法が変わってしまい、どうしていいか分からない人もいるでしょう。

実はiOS 15までは、iPhoneの「設定」の「壁紙」からロック画面とホーム画面でそれぞれ異なる画像を割り当てることができましたが、iOS 16ではロック画面のカスタマイズ性が向上したことで、やや設定が複雑になっているのです。

そこで今回は、iOS 16のiPhoneでロック画面とホーム画面の壁紙を、それぞれ別々の画像に設定する方法を紹介しましょう。

また、iOS 16では複数の壁紙設定を保存して、簡単に切り替えることも可能になっていますので、その方法も最後に紹介します。

iOS 16では壁紙の設定がやや複雑になった

iOS 15までは画像を選択すると「ロック中の画像に設定」「ホーム画面に設定」「両方に設定」を選択できて分かりやすかった(左写真)。しかし、iOS 16では「壁紙を両方に設定」か「ホーム画面をカスタマイズ」の2択になって、やや分かりにくい設定に……(右写真)

iPhoneの「設定」から壁紙を登録するには?

iOS 16でiPhoneの壁紙を変更するには、「設定」から行う方法と「ロック画面」から変更する方法の2通りが用意されています。

まずは、もっともスタンダードな「設定」を使った壁紙変更方法を紹介しましょう。

iOS 15から壁紙の登録方法は変わりましたが、手順そのものはいたって簡単。iPhoneの「設定」を開いたら、「壁紙」から「新しい壁紙を追加」を選び、最初にロック画面に表示させたい画像を選びます。

次に、ロック画面の画像を決めたら、今度は同じ要領で「ホーム画面」の画像を選ぶだけでOKです。

また、ロック画面もホーム画面も、壁紙の画像に白黒や自然光といったフィルターをかけることができ、ピンチ操作で画像の一カ所にグッと寄せることも可能です。

カスタマイズ性がアップしたiOS 16で、iPhoneのロック画面やホーム画面の雰囲気を一新してみてみましょう!

【iOS 16】「設定」から自分で撮った写真を壁紙にする手順

【iOS 16】「設定」から自分で撮った写真を壁紙にする手順1

まず、iPhoneの「設定」から「壁紙」を選択(左写真)。続いて「+新しい壁紙を追加」をタップする(右写真)

【iOS 16】「設定」から自分で撮った写真を壁紙にする手順2

ロック画面の壁紙を設定するには、画面左上の「写真」を選択(左写真)。自分で撮った写真のなかから好みの画像を選択する(右写真)

【iOS 16】「設定」から自分で撮った写真を壁紙にする手順3

画像を選ぶとプレビューが表示される。もし、別の画像にする場合はサムネイルアイコンから画像を選び直し、OKなら画面右上の「追加」をタップする(左写真)。次に「ホーム画面をカスタマイズ」を押そう(右写真)

【iOS 16】「設定」から自分で撮った写真を壁紙にする手順4

今度はホーム画面の壁紙登録画面が開くので、画面下の「写真」を押す(左写真)。ホーム画面に表示したい画像を選び、プレビュー画面で「完了」を押せば設定は終了(右写真)

【iOS 16】「設定」から自分で撮った写真を壁紙にする手順5

上がノーマルの状態。下が実際にロック画面とホーム画面の壁紙をそれぞれ別の画像に設定した状態だ。自分の好きな写真を個別に設定してみよう!

【iOS 16】iPhoneのロック画面とホーム画面で違う壁紙にする方法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneパソコン/スマホの設定方法壁紙iPhoneの使い方iOS 16】の最新ニュースをいち早くお届けします。