【iOS 16】iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法 – 追加された新機能を無効に

長年iPhoneを使っていると、バッテリーは経年劣化して持ちが悪くなりますよね。とくに、iOS 16のアップデートで追加された新機能が、意外とバッテリーを消費しているのをご存じでしょうか? そこで今回は、iOS 16で追加された新機能を無効にして、少しでもiPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法を紹介しましょう。

まずはiPhoneのバッテリーの状態を確認しよう

24時間365日動き続けているiPhone。当然、バッテリーは経年劣化により少しずつ減りが早くなってしまいます。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる一般的な方法については、こちらの記事を参考にしてください。

ちなみに、Apple公式によるとiPhoneのバッテリーは「フル充電サイクルを500回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大80%を維持する」ように設計されています。

つまり、iPhoneを毎日フル充電していれば、2年くらいでバッテリーは蓄電容量80%を維持できなくなる可能性があるのです。

「最近iPhoneのバッテリー消費が激しいな……」と感じている人はまず、手持ちのiPhoneのバッテリーの状態を「設定」から確認してみましょう。

iPhoneのバッテリー残量が80%以上あるなら、慌てる必要はありませんが、もし、80%を下回っている場合はすでに限界を超えていますので、まずはバッテリー交換を検討してください。

●Apple「iPhone のバッテリーサービス」は→こちら

iPhoneのバッテリーの状態を確認する手順

iPhoneの「設定」から「バッテリー」をタップし「バッテリーの状態と充電」を選ぶ(左写真)。写真は81%なのでギリギリセーフだが、もし、80%以下ならバッテリー交換のサインだ(右写真)

入力時に発動する「キーボードのフィードバック」を無効にする

iPhoneの最新iOS 16では、バッテリー残量の「%」表示が復活したり、ロック画面のカスタマイズ性が大幅にアップしています。iOS 16の新機能について詳しく知りたい人は、こちらの記事で確認してください。

しかし、iOS 16で追加された新機能にはバッテリー消費を早めてしまうものも含まれているので、“バッテリーの持ちを少しでも長くしたい”という人は、まず「キーボードのフィードバック」機能を無効にしてみましょう。

「キーボードのフィードバック」とは、文字入力時に指に振動が伝わるiOS 16で追加された新機能ですが、Appleの公式サイトでは「キーボードの触覚をオンにする (振動させる) と、iPhone のバッテリーの持続時間に影響する場合があります」という一文があります。

今まで、「キーボードのフィードバック」がなくても問題なく文字入力できていればこの機能は不要なので、無効化することでバッテリーの持ちをよくすることが可能です。

●Apple「iPhone のキーボードのサウンドや触覚を変更する」は→こちら

iPhoneの「キーボードのフィードバック」を無効にする手順

iPhoneの「設定」から「サウンドと触感」を選び「キーボードのフィードバック」をタップ(左写真)。「触覚」の機能をオフにする(右写真)

【iOS 16】iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法 – 追加された新機能を無効にのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidバッテリーiPhoneiPhoneの使い方iOS 16】の最新ニュースをいち早くお届けします。